ジオパーク島原市
ジオパークTOP  >  ジオパーク  >  自然・風土  >  湧水  >  湧水庭園 四明荘(しめいそう)
ジオパークTOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  湧水庭園 四明荘(しめいそう)

湧水庭園 四明荘(しめいそう)

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

湧水庭園「四明荘」

 平成29年10月1日から湧水庭園 四明荘は有料になります。

 【入場料】平成29年10月1日~(平成29年9月30日まで無料)

 ・大人300円(18歳以上の方 ※高校生を除く)

 ・小人150円(高校生以下の児童生徒)

  ※旅行会社添乗員、観光ガイドは免除

  ※カメラマンは有料

 【券売所】

  ・入場券は「鯉の泳ぐまち 観光交流センター 清流亭」にて、事前にお買い求めください。 (四明荘より徒歩1分)

  詳しくはこちら  http://shimabaraonsen.com/information/archives/17  「(株)島原観光ビューローホームページ」

 

「鯉の泳ぐまち」そばの庭園

四明荘01

明治後期に別邸(宅地187.8坪、木造瓦葺約40坪)として建築され、四方の眺望に優れていることから「四明荘」と名付けられました。
庭園は昭和初期に禅僧を招いて造られたと言われ、色とりどりの鯉が泳ぐ庭園の池へは一日に約3000トンもの清水が流れているそうです。
そのため豊かな湧水を利用した庭として市民に親しまれてきました。
座敷は正面と左側面の二方が池へ張り出して縁を廻しており、一段高い屋敷から庭園を見下ろすと座敷と庭園が一体となり、ここでしか見られない独特の美しい景観が広がります。
また、居室棟裏手に位置する四角形の池には、四つの中島があり、表の庭園とはまた違った趣があります。澄んだ水の周りは低い石積で護岸され、池底はいずれも砂敷き、池の中には沢飛石が配置されています。
平成20年7月28日に国の登録記念物、平成26年4月25日に国の登録有形文化財となり、「鯉の泳ぐまち」の一角にある人気の観光スポットとなっています。
  

ギャラリー

四明荘02 四明荘03
四明荘04 四明荘05
 

施設情報

【住所】島原市新町二丁目

【電話】0957-63-1121

【開館時間】9時00分~18時00分

 【入場料】平成29年10月1日~(平成29年9月30日まで無料)

 ・大人300円(18歳以上の方 ※高校生を除く)

 ・小人150円(高校生以下の児童生徒)

  ※旅行会社添乗員、観光ガイドは免除

  ※カメラマンは有料

 【券売所】

  ・入場券は「鯉の泳ぐまち 観光交流センター 清流亭」にて、事前にお買い求めください。 (四明荘より徒歩1分) 

 

  詳しくはこちら  http://shimabaraonsen.com/information/archives/17  「(株)島原観光ビューローホームページ」

 

 
※本記事は、島原観光情報発信サイト「島原旅たより」(平成25~27年)の内容を基に作成しました。
このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:2680)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.