観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  歴史  >  猪原金物店
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  猪原金物店
分類から探す  >  観光情報  >  猪原金物店

猪原金物店

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

猪原金物店

国の登録有形文化財

猪原金物店
猪原金物店は、由緒ある島原街道に面するこの地に明治10年(1877年)に創業しました。
金物店としては九州で2番目に歴史の長い老舗というだけあり、とてもおもむきのある町屋造りの建物で、2003年には国の登録有形文化財になりました。
平成の普賢岳噴火後は、昔ながらの金物店を大改装して、お店の奥に茶房&ギャラリー「速魚川」を併設。
さらに平成10年3月、お店の横に井戸の湧水を利用した人口の小さな川「速魚川」を生み出しました。
速魚川には突き井戸(地下110メートル)から自噴する、毎分150リットルの湧き水が流れています。軟水でマイナスイオンをおびているので甘くて美味しく、あらゆるお料理にも最適で、お肌もつるつるになるという速魚川の水は自由に飲んだり持ち帰ったり出来ます。
この湧水を求めて、遠くは福岡や佐賀、長崎、諫早、大村、そして島原半島のあらゆる所から毎日多くの方がいらっしゃるそうです。速魚川にかかる小さな石橋を渡って建物の中へ入ると、坪庭を囲むように昔ながらの囲炉裏の間やテラスがあり、渡り廊下、土間など懐かしくて安らげる空間が広がっています。
茶房では、湧水と自然食材を使った美味しい料理を楽しむことができます。速魚川には養殖された日本石亀がすんでおり、平成14年8月1日から速魚川の中庭で飼育を始められました。現在、絶滅危惧種に指定されていて、天然の個体を捕獲する事は法律で禁止されています。
日本石亀を増やす事を目標にされていて、飼育に成功し、毎年十数匹の小亀が生まれているそうです。 ギャラリーでは、全国さまざまな分野の作家の方々の展示会、演奏家や歌手によるコンサートなどが開かれ、ギャラリーの歴史的な空間との絶妙な調和が好評を得ています。
 
 

ギャラリー

猪原金物店


猪原金物店 猪原金物店

 
 

施設情報

【場所】島原市上の町912 

【TEL】0957-62-3117 【FAX】0957-62-3118

 

※本記事は、島原観光情報発信サイト「島原旅たより」(平成25~27年)の内容を基に作成しました。







 

このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:2886)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.