観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  「島原を詠む俳句」入選作品紹介
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  島原城  >  「島原を詠む俳句」入選作品紹介
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  武家屋敷  >  「島原を詠む俳句」入選作品紹介
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  湧水  >  「島原を詠む俳句」入選作品紹介
観光TOP  >  観光  >  お役立ち情報  >  お知らせ  >  「島原を詠む俳句」入選作品紹介
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  「島原を詠む俳句」入選作品紹介

「島原を詠む俳句」入選作品紹介

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp

~島原を訪れ 俳句を詠んでみませんか~

巣立句会では、市内観光施設3ヶ所(島原城、武家屋敷、四明荘)に投句箱を設けて、「島原」に関する俳句を募集しており、

3ヵ月に一度、巣立句会が選を行い、入選者を決定しております。また、入選者には記念品の提供がございます。

みなさまのご参加を心からお待ちしております。

 

 

平成30年 入選作品

【平成30年1月~4月】

○恋の斑の揺れつつ過ぎぬ肥後菖蒲 (石岡市)
○武家門をくぐり井戸あり柿の花 (姫路市)
○草茂る城石垣の野面積 (姫路市)
○涅槃像の蹠(あうら)にしるき緑雨かな (姫路市)
○水湧ける深みしづかに水馬 (姫路市)
○資料館昼を灯して雛飾 (雲仙市)
○武家屋敷つつじ明りの土間暗し (加古川市)
○薫風の吹きぬけてゆく通し土間 (加古川市)
○万緑を映す湧水武家屋敷 (長崎市)
○波の来て砂に春潮香を残し (加古川市)
○半島をひとまわりしてラムネ飲む (川崎市)
○こいおよぐわたしもいっしょにおよぎたい (熊本市)
○待ちかねし梅見日和を賜りぬ (長崎市)
○城武者の迎へ太鼓に梅笑ふ (南島原市)
○森岳の遠きをしのぶ押絵雛 (雲仙市)
○海風に揺り起こされし今朝の梅 (鹿島市)

【平成30年5月~8月】
○濃き緑心おちつく四明荘 (東京都)
○緑とねこいもいるんだ四明荘 (東京都)
○おばあちゃん水がきれいねイイ町ね (サンフランシスコ)
○風涼し朝にも残る水の音 (サンフランシスコ)
○夏の日に心へしみる水の音 (久留米市)
○湧水の鯉と共存あめんぼう (取手市)
○夏の夜の天守の空に月の蝕 (鹿島市)
○リハビリの友と語らふ窓青葉 (鹿島市)
○湧水の水風涼し四明荘 (有田町)
○湖で泳ぐこい見てすずしいな (大刀洗町)
○熱き額こころ潤す冷緑茶 (古賀市)
○羅(うすもの)の女に長旅いやさるる (山形県)
○かんざらし食べたら戻る父の故郷 (長崎市)
○旅の人片陰ひろふ武家屋敷 (朝倉市)
○古屋敷百日白の涼やかや (玉名市)

 

 

 

 

【平成30年9月~12月】
○キリシタン墓碑にやさしく石蕗の花 (福岡市)
○新山の痕跡残し山眠る (福岡市)
○水音の路地に流るる小春かな (諫早市)
○水音と寒ざらし食べ残暑消す (八千代市)
○武家屋敷柿の実撓は祖母の顔 (熊本市)
○もう一度戻る紅葉の武家屋敷 (昭島市)
○澄む水に心の悩み泡と消ゆ (ベルギー国)
○すいすいとつめたいみずでおよぐこい (みやさ市)
○湧水の水面にゆるる石蕗の花 (鹿島市)
○石蕗の花囲む湧水四明荘 (鹿島市)
○秋深し青春辿る恋の街 (鹿島市)
○散り終えし銀杏の枯木星装ふ (熊本県)
○臨月の吾子にも見せる石蕗の花 (諫早市)

 

 


 

 

平成29年 入選作品

【平成29年5月~8月】

○夏草はいま溶岩山を駆け登る(東京都)

○夏蝶も来よ雲仙の峨峨と霽れ(東京都)

○相対す夏山噴きて日を秘めて(八王子市)

○火を蔵し山の万緑濃かりけり(東京都)

○俯瞰して島原半島梅雨霧らふ(福岡市)

○句碑の辺にはや新松子結びをり(福岡市)

○城濠の暁闇深め牛蛙(諫早市)

○掌に掬ふ色なき水の涼掬う(北九州市)

○噴くごとに噴井の底のむらさきに(町田市)

○虚子句碑のしたたかに降る若葉雨(長崎市)

○崩壊の山に雲湧く夏燕(座間市)

○湧水に影の流るる水馬(西海市)

○城堀の浮葉に残る夜の雨(長崎市)

○九十年守りし家屋四葩かな(福岡市)

○武家の間の今昔の風夏座敷(福岡市)

○城壁の反り美しき五月晴(福岡市)

【平成29年9月~12月】

○都から逢ひたき電話小鳥来る(大村市)

○湧水の音にたなびくすすきかな(神戸市)

○空濠のグランドゴルフ花芒(諫早市)

○湧水のめぐるお城下石蕗の花(柳川市)

○夏空を移す水面に浮かぶ鯉(諫早市)

○庭清水新郎新婦の水鏡(熊本市)

○精霊舟にぎやかささみし夫の盆(長崎市)

○おさむらいぶけやしきもねすごいんだ(熊本市)

○武家屋敷語りつがれるかんざらし(福岡市)

○秋灯や色褪せ語る戦陣図(福岡市)

○秋うらら史を語り継ぐ武将隊(福岡市)

○縁側で少しすずしむしめいそう(小倉市)

○夕焼けに光る魚影美しき(不 明)

○湧水の氷食して頬ゆるむ(長崎市)

○秋風に島原の子ら声高く(茅ヶ崎市)

○秋空も湧水ともに青く澄み(佐賀市)

 

 


 

 

このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:4645)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.