島原初市(3月3日(土曜日)~3月11日(日曜日)) / 観光TOP / 島原市
観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  春 ~spring~  >  島原初市(3月3日(土曜日)~3月11日(日曜日))
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  島原初市(3月3日(土曜日)~3月11日(日曜日))
組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  島原初市(3月3日(土曜日)~3月11日(日曜日))
イベントカレンダー  >  島原初市(3月3日(土曜日)~3月11日(日曜日))
2018年3月3日

島原初市(3月3日(土曜日)~3月11日(日曜日))

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp

 

島原初市

島原の春の風物詩

島原初市は、江戸時代初期、元和4年(1618年)、島原藩主松倉重政が 島原城を7年3ヶ月費やして築城のため各地から集まった労働者たちのため に近郊の商人や農民、漁民の方たちが大手門前の広場で物々交換の『市』を開いたのが始まりといわれています。 その後、毎月3日、13日、23日に開かれるならわしとなり、旧正月が明けてから初めての市ということで『初市』と呼ばれるようになりました。 
島原の初市は享保8年(1723年)の旧暦2月3日から大手広場で開かれ、そのときの記録によれば享保8年2月4日藩日記に「町奉行届出候昨の初市」として

 一、人高 一万の余

 一、見世 55軒内人形見世4軒

 一、商い高 6貫匁余

 一、煮売見世 12軒

という当時の記録が残っており、これが文献からわかる最初の初市といえます。この記録は藩主の松平忠雄公の時代のもので、「町奉行届出候」の「昨」とは昨日を意味し、2月3日の初日のことです。 店舗の数は人形専門店4軒を合わせて55軒、「商い高」とは売上高のことで、それが6貫匁余、これは銀相場の6貫匁をいいます。「煮売見世 12軒」とは露天食堂のことで、うどん、ろくべ、ゆでいも、酒などが売られていたようです。
現在のように初市が3月に開かれるようになったのは、明治12年(1879年)からと伝えられています。 
 初市が近づくと子ども、大人も胸をはずませ、島原の人はもとより島原半島の人たちは1年に1回島原の城下(町)に初市見物ができるとあって大変楽しみにされていました。 
現在の出店数は約150店舗。玩具や食品の屋台、植木屋さん・鍛冶屋さん・地場産品などの出店もあり、昨年の来場者数は期間中で約4万人の方が訪れています。
島原の春の風物詩。「初市が来るともう春だね。」という方もいらっしゃいます。
「初市」は戦後一時開かれませんでしたが、
昭和22年~昭和38年まで 大手広場
昭和39年~昭和45年まで 島原城の周り
昭和46年~平成3年まで 霊丘公園
平成4年5月「がんばるまつり」 霊南埋立地
平成5年~平成6年まで 中央公園・国光屋跡地
(噴火災害のため仮説住宅があった霊丘公園使用できず)
平成7年~現在まで 霊丘公園で開催されております。

 

   島原初市

 

  初市_表初市_裏

  • PDF H30初市チラシ 新しいウィンドウで(PDF:519.3キロバイト)
                                        

開催情報

【開催日】平成30年3月3日(土曜日)~3月11日(日曜日)
【開催場所】霊丘公園グラウンド 開催時間:平日/午前10時~午後7時(土・日/午前9時~午後8時)
【特設駐車場】霊丘神社境内駐車場(体の不自由な方・福祉車両用) ・海浜公園
【主催】島原初市振興会
【お問合せ先】島原商工会議所 0957-62-2101  

 


 

このページに関する
お問い合わせは
産業部 産業政策課 商工班
電話:0957-68-1111(内線571,572)
ファックス:0957-68-2119
メール shoko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:893)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.