観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  ジオパーク・火山  >  平成新山ネイチャーセンター
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  平成新山ネイチャーセンター
分類から探す  >  観光情報  >  観光地・観光施設  >  火山・ジオパーク  >  平成新山ネイチャーセンター
組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  平成新山ネイチャーセンター

平成新山ネイチャーセンター

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

平成新山ネイチャーセンター

平成新山の「いま」を実感する

平成新山ネイチャーセンター

どっしりとした平成新山を間近で眺めることができる南千本木の垂木台地に、「平成新山ネイチャーセンター」があります。
「ネイチャーセンター」の名のとおり、緑が多く自然豊かな場所で、平成15年(2003年)2月5日に完成しました。
ここは、普賢岳噴火で生れた平成新山をとても間近で観察できるとともに、普賢岳噴火災害によって荒廃した垂木台地の自然環境の回復の様子を直接観察し、学べる自然観察・学習施設です。
垂木台地は、平成5年(1993年)の大火砕流の直撃を受け、火山灰などで埋め尽くされましたが、年月を経て、現在この大地にも動植物がもどりつつあります。
「平成新山ネイチャーセンター」館内では、雲仙火山の歴史から平成新山の誕生、平成新山を観測するシステム、火山と共生する動植物などを紹介し、屋外では自然の再生する様子や火砕流堆積物の様子を観察できます。
施設周辺の遊歩道もきれいに整備されているので、山頂から約2.5キロメートルというかなりの近い距離で、色々な角度から平成新山のダイナミックな風景を楽しむことができます。また、環境省が緑のダイヤモンド計画の一環として整備したこのセンターは、自然災害などの発生時に備え、防火シャッターや防火扉を設置しているほか、敷地内5ヵ所に300人収容の非難用シェルターを設置しており、安全性にも十分に配慮がなされています。
地元をはじめ、沢山の人達が訪れており、平成新山の「いま」を実感することができる火山学習の拠点施設の1つとなっています。

 

平成新山ネイチャーセンター ホームページ

 
 

ギャラリー

平成新山ネイチャーセンター  平成新山ネイチャーセンター
平成新山ネイチャーセンター  平成新山ネイチャーセンター

施設情報

【場所】島原市南千本木町甲2683

【お問合せ先】TEL 0957-63-6752 FAX 0957-63-6753

【開館時間】9時00分~17時00分

【休館日】毎週火曜日・12月31日・1月1日(休館日が祝日の場合は翌日休館)

【入館料】無料

 

※本記事は、島原観光情報発信サイト「島原旅たより」(平成25~27年)の内容を基に作成しました。


 

 

このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:946)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.