島原市
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  保険・年金  >  国民健康保険  >  【島原市国民健康保険】ジェネリック医薬品利用促進に係る差額通知について
ホーム  >  人生のできごとから探す  >  病気・事故  >  【島原市国民健康保険】ジェネリック医薬品利用促進に係る差額通知について
ホーム  >  組織から探す  >  福祉保健部  >  保険健康課  >  国民健康保険班  >  【島原市国民健康保険】ジェネリック医薬品利用促進に係る差額通知について

【島原市国民健康保険】ジェネリック医薬品利用促進に係る差額通知について

福祉保健部 保険健康課 国民健康保険班 TEL:0957-63-1111(内線231,237) FAX:0957-65-0879 メールkokuho@city.shimabara.lg.jp
《島原市国民健康保険》
~ジェネリック医薬品利用促進のお知らせについて~

 島原市では患者負担の軽減と国民健康保険医療費の削減に結びつけることを目標に、平成25年1月から国民健康保険の加入者でジェネリック医薬品へ切り替えることにより、自己負担額の削減額が大きい方に対し、「ジェネリック医薬品差額通知書」を年3回発送しています。
 ※今回は、平成25年10月調剤分を1月30日(木)に発送しました。
 「ジェネリック医薬品差額通知書」とは、現在、服用している先発医薬品(新薬)からジェネリック医薬品に切替えた場合、薬代の自己負担額がどのくらい軽減できるのかを試算した内容になります。
 通知書を受け取られた方は、切替えの参考としてご活用ください。
 ただし、本通知はジェネリック医薬品への変更を強要するものではありません。

○通知の対象となる方
 薬の処方を受けている方で、ジェネリック医薬品(後発医薬品)へ切り替えることにより、薬代の自己負担額を軽減できると見込まれる方。
 ※すべての国民健康保険加入者に通知が届くわけではありません。

○差額通知(見本)
  •   差額通知(見本)


○ジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替える際の注意点

・主治医や調剤薬局の薬剤師と十分にご相談ください。
・医師の判断によりジェネリック医薬品が処方されない場合があります。
・医薬品の価格が下がっても、患者さんのご負担は先発医薬品使用時と変わらないか、上がることもあります。薬剤師さんとよく相談してください。
・先発医薬品からの変更を希望しても、対応するジェネリック医薬品が製造・販売されていないものもあります。
・在庫が薬局にない場合には、お薬の用意をするのに時間がかかってしまうときもあります。

          (「政府広報オンライン」のページへ移動します)
 

このページに関する
お問い合わせは
福祉保健部 保険健康課 国民健康保険班
電話:0957-63-1111(内線231,237)
ファックス:0957-65-0879
メール kokuho@city.shimabara.lg.jp 
(ID:1143)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.