島原市
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  教育・文化・スポーツ  >  小中学校  >  平成30年度に使用する小学校「特別の教科 道徳」の教科書が決定しました
ホーム  >  人生のできごとから探す  >  子育て・教育  >  平成30年度に使用する小学校「特別の教科 道徳」の教科書が決定しました
ホーム  >  組織から探す  >  教育委員会  >  学校教育課  >  平成30年度に使用する小学校「特別の教科 道徳」の教科書が決定しました

平成30年度に使用する小学校「特別の教科 道徳」の教科書が決定しました

教育委員会 学校教育課 TEL:0957-68-1111(内線641-643) FAX:0957-68-5480
  •  
  • 島原半島内の小学校で、平成30年度から使用する教科書が決定しました。
    検討した教科書は、10月31日(火曜日)まで有明庁舎2階教育委員会前に展示しています。
  • (土曜・日曜・祝日は除く。)
    なお、採択本及び採択理由は、下記のとおりです。   

     

    【採択本】

              種 目       出 版 社          教 科 書 名
           特別の教科 道徳      日本文教出版社        小学校道徳 生きる力

     

  • 【採択理由】

     「どんな思いだったろう。」「気持ちを考えよう。」といった共感的な発問を基本としながら、必ず「どうして」や「何が大切か」などといった分析的な発問や、テーマに迫る発問を組み合わせ、思考の流れに沿って、児童の考えを深めることができるよう配慮されている。また、「心のベンチ」というコーナーを設け、1つの課題を追求するために、複数の情報を提供することで物事を多面的・多角的な追求ができるように配慮されている。「学習の手引き」には、問題解決的な学習やソーシャルスキルを取り入れた体験的な学習を、各学年計画的に複数取り上げており、その学習の進め方も児童に分かりやすく提示している。教科書の最初に、「道徳のとびら」「道徳の学び方」のコーナーを設けたり、教材の初めに問題意識を高める1文や簡単なあらすじ、登場人物の紹介を、教材の途中には頭注を掲載したりして、児童の発達段階に即した指導ができるよう工夫されている。「いじめ問題」「安全な暮らし」など、現代的な課題を扱った教材も複数取り入れている。ほとんどの教材が4ページ以内で分かりやすく構成されており、45分間を意識した文章量となっている。付録で複数の教材を載せており、学校の実態に応じたカリキュラムを作ることができる。また、道徳ノートを利用することで、児童が自分の考えをまとめたり確かめたり、授業を振り返ったりすることができるよう工夫されている。併せて、この記録は学習指導や評価に利用できる。巻末には、デジタルコンテンツの紹介をしており、授業に使える教材を多数掲載している。表記・表現・体裁は適切である。

     

このページに関する
お問い合わせは
教育委員会 学校教育課
電話:0957-68-1111(内線641-643)
ファックス:0957-68-5480
(ID:4269)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.