島原市
ホーム  >  分類から探す  >  観光情報  >  原寸大で復活!原寸大・段ボールSL 島原鉄道を走った『日本の1号機関車』展 12月2日まで
ホーム  >  分類から探す  >  観光情報  >  観光・イベント情報  >  原寸大で復活!原寸大・段ボールSL 島原鉄道を走った『日本の1号機関車』展 12月2日まで
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  原寸大で復活!原寸大・段ボールSL 島原鉄道を走った『日本の1号機関車』展 12月2日まで
ホーム  >  組織から探す  >  市長公室  >  政策企画課  >  島原ふるさと創生本部  >  原寸大で復活!原寸大・段ボールSL 島原鉄道を走った『日本の1号機関車』展 12月2日まで
ホーム  >  イベントカレンダー  >  原寸大で復活!原寸大・段ボールSL 島原鉄道を走った『日本の1号機関車』展 12月2日まで
ホーム  >  観光TOP  >  組織から探す  >  市長公室  >  政策企画課  >  島原ふるさと創生本部  >  原寸大で復活!原寸大・段ボールSL 島原鉄道を走った『日本の1号機関車』展 12月2日まで
2018年11月24日 ~ 2018年12月2日

原寸大で復活!原寸大・段ボールSL 島原鉄道を走った『日本の1号機関車』展 12月2日まで

市長公室 政策企画課 島原ふるさと創生本部 TEL:0957-63-1111(内線141) FAX:0957-62-8115 メールseisaku@city.shimabara.lg.jp



 


今から約100年前、島原鉄道を走った「日本の1号機関車」が、段ボール工芸家の島英雄さんにより、原寸大・段ボール製にて復活。

島原市で全国初公開します。島原の文明開化を支えた「島原鉄道の1号機関車」を、ぜひ会場でご覧ください。

 

また、「1号機関車のラストラン」展も同時開催。

県立長崎図書館所蔵「植木家資料」の中から、1号機関車のラストランに関する貴重な資料を展示。

島原鉄道初代社長植木元太郎が創業当初より苦楽を共にし、島原を走った「1号機関車」に対する思いが垣間見えます。


 

原寸大・段ボールSL 島原鉄道を走った「日本の1号機関車」展

▼展示期間  平成30年11月24日(土曜日)~12月2日(日曜日) 10時~16時
         ※11月25日は10時~15時
         ※休館日 11月26日

       ★「島原ふるさと産業まつり」同時開催(24日、25日)新しいウインドウで  
▼展示会場  島原復興アリーナ ホワイエ
▼制作者プロフィール
 段ボール工芸家 島 英雄さん
 福岡県筑後市在住。D51、C62を、原寸大段ボールSLとして制作。全国各地で展示、公開しています。

▼主な内容
 (1)オープニングセレモニー(24日 10時30分~)
  セレモニー参加者:段ボール工芸家 島英雄氏、島原鉄道株式会社社長 永井和久氏 ほか
 (2)「植木家資料(県立長崎図書館所蔵)=1号機関車のラストラン展=」・「島原鉄道パネル写真展」
  県立長崎図書館所蔵「植木家資料」から1号機関車に関する資料を展示。
 (3)島原鉄道のグッズ販売(24日、25日のみ)
▼チラシ 

 1号機関車展 ポスター

 

1号機関車の組み立て作業の動画を公開しました! ※2018.11.23撮影  撮影協力:Small Garage

 11月23日、「ダンボールSL 1号機関車」の組み立て作業を行いました。

島原鉄道の方や、子どもたちにもご協力いただきました。

 

 ■ダンボール1号機関車 組み立て動画 Youtube

     「Small Garage」の辻野さんにご協力いただき「3DVR」という珍しい方法で撮影しました。
   スマートフォンなどの対応機器では、臨場感と迫力あふれる動画をご覧いただけます・

  撮影協力:Small Garage新しいウインドウで(外部リンク)

 

  
 

 ■組み立ての模様
  

組み立て作業

 
組み立て作業

 

 
 

 

 

制作中の「原寸大・段ボール製 1号機関車 ※2018.10撮影」

5  1

 

 

島原鉄道1号機関車について

1872年(明治5年)に新橋~横浜間の開業時に走った「国内第1号の機関車」。1911年(明治44年)の島原鉄道の開業に合わせ、鉄道院より払い下げられ、「島原鉄道1号機関車」として、島原半島の文明開化を支えていきます。
その後、1930年(昭和5年)、日本の鉄道史における重要な1号機関車は、保存運動などの高まりから、鉄道院に受け渡すこととなりました。1号機関車の送別式は、島原駅で盛大に催されました。このとき、当時の島原鉄道社長であり、後の初代島原市長でもある植木元太郎が、別れを惜しみ、「惜別感無量」のプレートを車体に取り付けたそうです。
現在は、国の重要文化財に指定され、さいたま市大宮区にある鉄道博物館で展示されています。
 

 

島原鉄道開業初期の1号機関車

 



鉄道博物館に展示してある1号機関車


1号機関車の車体に植木元太郎が取り付けたプレート「惜別感無量」

メディアで紹介されました!

西日本新聞社 2018.10.17新しいウインドウで(外部リンク)

 

FMしまばら「教えて職人さん」新しいウインドウで(外部リンク)

 FMしまばら(88.4MHz)制作「教えて!職人さん!」に段ボール工芸家 島英雄さんが出演します。

 今回、この1号機関車の制作者、段ボール工芸家 島英雄さんに、
 原寸大・段ボール製の島原鉄道を走った「日本の1号機関車」の制作に関する思いや苦労話、制作秘話などをお聞きしました。
  ▼放送局 FMしまばら (88.4MHz) パーソナリティ みなやん
  ▼放送日 11月12日(月曜日) 20時00分~ ※再放送 11月26日(月曜日) 20時00分~
  ▼FMしまばらは、スマホアプリでもお聞きいただけます。  http://www.shimabara.fm/

 

ながさきプレス新しいウインドウで(外部リンク)

 

講演会「先人より受け継いだ“島原の宝” 島鉄を島原の未来に活用しよう」 12月7日開催

■講師  上野 弘介(うえのこうすけ)氏
旅行会社勤務を経て、現在は鉄道雑誌編集者として活躍。幼少の頃から島原鉄道に興味を持ち、島原鉄道に関する史料収集・分析、今の島原鉄道の記録活動を行っている。
■日時  12月7日(金曜日) 19時00分~20時00分
■会場  森岳公民館 大ホール

 


 

 

このページに関する
お問い合わせは
市長公室 政策企画課 島原ふるさと創生本部
〒855-0866
島原市南下川尻町7番地4(仮事務所:雲仙復興事務所2階)
電話:0957-63-1111(内線141)
ファックス:0957-62-8115
メール seisaku@city.shimabara.lg.jp 
(ID:5038)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.