島原市
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  健康  >  母と子の健康  >  風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  健康  >  予防接種  >  風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について
ホーム  >  人生のできごとから探す  >  妊娠・出産  >  風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について
ホーム  >  組織から探す  >  福祉保健部  >  保険健康課  >  健康づくり班  >  風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について
ホーム  >  施設から探す  >  島原市役所  >  風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について

風しんの届出数の増加に伴う注意喚起について

福祉保健部 保険健康課 健康づくり班 TEL:0957-64-7713(島原保健センター) FAX:0957-64-7714 メールhocen@city.shimabara.lg.jp

 ○風しんの感染者が増加しています

  感染症発生動向調査において、例年と比較し、特に関東地方で風しんの届出数が増加しています。
  風しんは、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とするウイルス性発疹症です。免疫のない女性が妊娠初期に風しんウイルスに感染すると、胎児にも感染して、生まれてきた赤ちゃんに白内障や心臓の病気、難聴などを特徴とした先天性風しん症候群 (CRS)を引き起こす可能性があります。
  今後、全国的に広がる可能性もありますので、注意が必要です。
  ▶国立感染症研究所ホームページ

   www.niid.go.jp/niid/ja/rubella-m-111/rubella-top/700.../2131-rubella-doko.html

 

○感染者の特徴
 今回、感染者の約7割が男性で、特に30~50歳代が多くなっています。この年代は女性のみが予防接種を受けていたため、男性は予防接種を受けておらず、免疫がないまたは低い可能性が高いと言われています。

 

○治療・予防
  風しんに対する特異的な治療法はなく、症状を和らげる対症療法のみです。
  風しんの予防には、予防接種を受けて免疫を高めることが有効です。ただし、妊娠している可能性がある人は予防接種を受けることができませんので、  周りの人が予防接種を受けて妊婦さんに感染をさせないことが大切です。
 
○妊婦さんへの感染を防ぐために
 明らかに風しんにかかったことがある、予防接種を受けたことがある又は抗体が陽性であると確認ができた人を除き、次の(1)~(3)に該当する人は、任意で予防接種を受けることも大切です。
(1) 妊婦の夫(パートナー)、子ども及びその他の同居家族
(2) 10代後半から40代の女性 (特に妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い人)
(3) 産後すぐの女性
 
○予防接種を受けているかわからない人へ
 母子健康手帳が保管されている場合は、母子健康手帳で予防接種の記録を確認しましょう。また、母子健康手帳がなく、予防接種を受けているかわからない場合、抗体検査をすることも検討をしましょう。

 

※妊婦を除く、妊娠を希望している女性やそのパートナー、同居者に対し、風しんの抗体検査を保健所にて無料で受けることができます。

 詳しくは長崎県ホームページをご覧ください。
▶長崎県(県南保健所 感染症予防事業)ホームページ

 https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/hukushi-hoken/kansensho/kansensyo-kennan/yobou/

 

○風しんの流行を防ぎましょう
 現在、風しんの予防接種は、予防接種法に基づく定期の予防接種として麻しん風しん混合ワクチンを第1期及び第2期として計2回接種するようになっています。定期予防接種の対象となっている人で、麻しんや風しんにかかったことがない人や予防接種をまだ受けていない人は、できるだけ早めに接種を受けましょう。
 麻しんや風しんの流行を抑えるためには、接種率が95%以上必要と言われています。


<平成30年度 定期予防接種の対象と接種期間>
・第1期:1歳児(1歳の誕生日の前日から2歳の誕生日の前日まで)
・第2期:平成24年4月2日~平成25年4月1日生まれ(平成31年3月31日まで)

 

  また、風しんは、風しんウイルスに感染することで発症します。せきやくしゃみのしぶきが周囲の人たちに付着することによって感染が拡がっていきます。手洗いやうがいを行うこと、人の多く集まる場所や流行地域への外出を控えることも大切です。

 

このページに関する
お問い合わせは
福祉保健部 保険健康課 健康づくり班
〒855-0812
島原市霊南二丁目45
電話:0957-64-7713(島原保健センター)
ファックス:0957-64-7714
メール hocen@city.shimabara.lg.jp 
(ID:5059)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.