島原市
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  7月は自転車事故が一番多く発生しています!
ホーム  >  組織から探す  >  市民部  >  市民安全課  >  市民相談センター  >  7月は自転車事故が一番多く発生しています!

7月は自転車事故が一番多く発生しています!

市民部 市民安全課 市民相談センター TEL:0957-63-1111(内線184,187) FAX:0957-62-8145 メールsodan@city.shimabara.lg.jp

平成29年から令和2年5月末までの3年間では、自転車に関する消費者事故等は7月に最も多く発生しています。

~実際に起きた事例~

<事例1>2か月前、ネット通販で購入した折り畳み自転車のチェーンが切れ、転倒し、擦過傷を負った。

(事故情報データバンク、令和元年6月発生、40代男性)

<事例2>自転車の手前部座席に乗っていたところ、後部座席に年上の子が乗ろうとしたときに自転車ごと転倒してコンクリートで頭部を打撲した。シートベルトはしていたが、ヘルメットはしていなかった。脳震盪で2日間入院

(医療機関、令和元年10月発生、2歳、男児)

<事例3>自転車に乗っていて緩やかな坂で曲がるときに自転車ごと右に転倒。ヘルメットを装着しておらずコンクリートで後頭部を打撲した。

(医療機関、令和元年7月発生、4歳児、男児)

<事例4>公園で年上の子の自転車の後部座席に座っていたところ後輪に巻き込まれ左足首を骨折した。

(医療機関、平成30年3月発生、5歳、女児)

 

~事故を防ぐために~

(1)乗車前には自転車に異常がないか点検しましょう。お使いの自転車及び付属品がリコール対象でないか確認し、対象であればすぐに使用を中止してください。変な音がするなど異常があれば販売店等に相談し必要に応じて点検を受けましょう。

(2)子どもを乗せる場合には足が車輪に巻き込まれないよう、自転車の荷台に乗せてはいけません。また子どもを前に抱っこして自転車に乗らないでください。

(3)「自転車安全利用五足」を守りましょう。

1.自転車は車道が原則歩道は例外

2.車道は宇羽扇で、左側を通行

3.歩道は歩行者優先で車道よりを徐行

4.安全ルールを守る

5.子どもはヘルメットを着用

 

※ブリジストンサイクル株式会社及びヤマハ発動機株式会社がそれぞれ販売したハンドルロック「一発二錠」を搭載した自動車、電動アシスト自転車においてハンドルロックケースの破損などが原因で誤作動し、ハンドル操作ができなくなり転倒するなどの事故が発生しています。該当製品をお持ちの方でハンドルロックケースが破損している場合はすぐに自転車の使用を中止してください。既に、令和元年6月24日付けで消費者庁及び経済産業省から公表するとともに、両社からも無償点検・回収の案内がされていますが、改めて注意を呼び掛けています。

このページに関する
お問い合わせは
市民部 市民安全課 市民相談センター
電話:0957-63-1111(内線184,187)
ファックス:0957-62-8145
メール sodan@city.shimabara.lg.jp 
(ID:16882)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.