島原市
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  健康  >  感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  健康  >  新型コロナウィルス感染症について  >  感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫
ホーム  >  組織から探す  >  福祉保健部  >  保険健康課  >  健康づくり班  >  感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

福祉保健部 保険健康課 健康づくり班 TEL:0957-64-7713(島原保健センター) FAX:0957-64-7714 メールhocen@city.shimabara.lg.jp

 

感染リスクが高まる「5つの場面」

 日本各地で感染者が増加している新型コロナウイルス感染症。

 新型コロナウイルス感染症は、屋外で歩く際や、十分に換気がされている公共交通機関での感染は限定的であると考えられていますが、「クラスター」と呼ばれる集団感染が、感染を拡大させることが分かっています。これまでのクラスター事例の分析から、感染リスクを高める「5つの場面」が分かってきました。

 飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わりといった場面は感染が起きやすく、注意が必要です。

新 5つの場面
                      
 

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

 これからの季節、飲酒を伴う会食が増えると思います。楽しく飲酒をすることは、一方で、参加者の注意力を低下させる、大きな声になりやすいといった特徴があります。また、このような会合では、会場がドアや敷居で区切られている狭い空間であることも多いと思いますが、こうした場所に、長い時間、大人数が滞在すると感染リスクが高くなります。感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫を取り入れて感染予防に努めましょう。

・飲酒をするのであれば、①少人数・短時間で、②なるべく普段一緒にいる人と、③深酒・はしご酒などはひかえ、適度な酒量で。

・箸やコップは使い回さず、一人ひとりで。

・席の配置は斜め向かいに。

・会話する時はなるべくマスク着用。

・換気が適切になされているなどの工夫をしている、ガイドラインを遵守したお店で。

・体調が悪い人は参加しない。 

                                                                     

関連情報

  厚生労働省HP  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

このページに関する
お問い合わせは
福祉保健部 保険健康課 健康づくり班
〒855-0812
島原市霊南二丁目45
電話:0957-64-7713(島原保健センター)
ファックス:0957-64-7714
メール hocen@city.shimabara.lg.jp 
(ID:17151)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.