島原市
ホーム  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「島原城のお正月」
ホーム  >  観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  ふるさと再発見「島原城のお正月」
ホーム  >  観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  島原城築城400年記念事業  >  ふるさと再発見「島原城のお正月」
ホーム  >  観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「島原城のお正月」

ふるさと再発見「島原城のお正月」

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

島原城のお正月

 今回は初代松平島原藩主・松平忠房(まつだいら ただふさ)が島原に入って間もない1670年ごろ(寛文年間)にさかのぼり「島原城のお正月」についてのお話しです。
 島原藩の政務を記録した『藩日記』をのぞいてみると、元旦の忠房は、寅の前刻(4時ごろ)に起床し、以後数日にわたって各人からの「御礼(年始の挨拶)」を受けます。
 番人・町人や庄屋・乙名(おとな)(村役人)なども「御礼」に参上し、料理や雑煮や酒肴(しゅこう)が振る舞われています。九州の諸藩などからの「御祝儀」(今でいう年賀状)が飛脚によって届けらます。
 正月の恒例行事の一つ、「御謡初(おうたいはじめ)」も行われました。
 ただ1673年(寛文13年)は、保科正之(ほしな まさゆき)(陸奥会津藩主、徳川家光の弟)が前月に亡くなり、音曲停止が幕府より発令されたため、正月10日に日延べして行われました。
 この時のお囃子(はやし)の演目が「老松(おいまつ)・東北(とうぼく)・高砂(たかさご)」だったことも記録されてます。
 また、この年は忠房が初夢で富士山を見たようで、それを披露するための内々の「御謡初」も行われました。
 料理の振る舞いや夢の披露で幸せを分かち合う。自分だけでなく周りを幸せにするような、そんなお正月にしたいものです。
(松平文庫学芸員 吉田  信也(よしだ しんや))
(『広報しまばら』平成27年1月号「ふるさと再発見」)
 
016+201501島原城のお正月(平成27年1月号)

松平忠馮(まつだいら ただより)の書状(お殿様の年賀状)(松平文庫蔵)



 

 
このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:5649)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.