島原市
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  風しんの追加的対策について
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  健康  >  予防接種  >  風しんの追加的対策について
ホーム  >  組織から探す  >  福祉保健部  >  保険健康課  >  健康づくり班  >  風しんの追加的対策について
ホーム  >  施設から探す  >  島原市役所  >  風しんの追加的対策について

風しんの追加的対策について

福祉保健部 保険健康課 健康づくり班 TEL:0957-64-7713(島原保健センター) FAX:0957-64-7714 メールhocen@city.shimabara.lg.jp

風しんの追加的対策について
 

 2018年7月頃から風しんの感染者数が増加し、全国的に感染が拡大しました。患者の多くは30~50歳代の男性が中心となっており、これまで予防接種法に基づく予防接種が行われていない年代であるため、風しんに対する抗体価が他の年代と比べ低い状態となっています。※1
この状況から予防接種法施行令の一部を改正する政令が平成31年2月1日に公布、施行され、風しんの抗体検査および予防接種を2022年3月まで(3年間のみ)実施することになりました。※2

 

※1 感染症発生動向調査について(国立感染症研究所ホームページ)

       https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ha/rubella.html
※2 風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ)

       https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html

 

1.対象者
【抗体検査】
  島原市内に住民票を有する昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性 
  ※下記のフロー図で対象であるのか、ご確認ください。

 

 <風しん抗体検査 対象者フロー図>

 風しん抗体検査 対象者フロー

*1 ウイルス遺伝子検査等によるウイルスの検出、抗体の検出の記録がある 

*2 風しんワクチン(R)、麻しん・風しん混合ワクチン(MR)、麻しん・風しん・おたふくかぜ混合ワクチン(MMR)のいずれかの接種記録がある

*3 厚生労働省が示す定期接種の対象となる抗体価を満たすものをいう

【予防接種】
  島原市内に住民票を有する昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性で、抗体検査の結果、「陰性」と判断された者

 

 

 2.実施方法
 市が交付する「クーポン券」を使用して、抗体検査及び予防接種を受けます。
 実施期間である3年間のうち、抗体検査及び予防接種は1回のみ公費負担(無料)で受けることができます。
   風しんの追加的対策は全国統一の方法で実施をしています。厚生労働省ホームページにて、抗体検査及び予防接種ができる実施機関一覧をご確認のうえ、医療機関等へ予約をしてください。

 

  【クーポン券について】
 上記1.対象者のうち、今年度のクーポン券送付対象者は、「昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性」です。

   クーポン券の準備が整い次第、送付します。また、クーポン券には有効期限が記載されています。有効期限が過ぎているものは使用できませんので、ご注意ください。

 ※抗体検査は、事業所健診や特定健診(個別健診)を受診の際に実施が可能です。
    島原市国民健康保険加入者で対象年齢に該当する人へは、特定健診の受診券送付時に合わせてクーポン券を送付します。

 

 また、クーポン券送付対象者となっていない昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性については、次年度以降に受けていただくか、または今年度の実施を希望する人へはクーポン券を交付することができますので、島原市保健センターまたは有明保健センターへ来所ください。

 

【抗体検査】

1.クーポン券が交付(送付)されます。
2.クーポン券に記載の市区町村と住民票がある市区町村が一致しているか確認をします。
3.抗体検査対象者であるのか確認します。
4.抗体検査を受けることができる医療機関等を厚生労働省ホームページから検索をします。
5.医療機関等へ電話等により予約をします。
6.検査当日、クーポン券と本人確認できる書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)を必ず持参します。

  ※クーポン券がないと無料で受けることができません。
7.実施機関にある風しんの抗体検査受診票に必要事項を記入します。
8.抗体検査を受けます。
9.抗体検査結果は対面又は郵送で返却されます。抗体検査結果は大切に保管してください。
 なお、抗体検査結果が「陰性」の人は、予防接種を受ける際にこの抗体検査結果が必要となります。

 

 

抗体検査の結果、「陰性」と判断された人は、風しんにかかるリスクが高くなっています。

風しんの発症及び感染拡大を防止するため、風しんの予防接種を受けましょう。

 

【予防接種】
 抗体検査結果が「陰性」のみ、予防接種の対象となります。

1.予防接種を受けることができる医療機関等を厚生労働省ホームページから検索をします。
2.クーポン券に記載の市区町村と住民票がある市区町村が一致しているか確認をします。
3.医療機関等へ電話等により予約をします。
4.予防接種当日、抗体検査結果、クーポン券及び本人確認できる書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)を必ず持参します。

 ※クーポン券がないと無料で受けることができません。
5.実施機関にある風しんの予診票に必要事項を記入します。
6.予防接種を受けます。
7.予診票(ご本人控え用)が返却されます。この予診票(ご本人控え用)は接種済証の代わりとなりますので、大切に保管してください。
  

<参考>
 風しんは、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とするウイルス性発疹症です。まれに脳炎など重篤な合併症が発生します。症状は成人の患者では小児より重症化することが多いとされています。風しんに対する特異的な治療法はなく、症状を和らげる対症療法のみとなっています。
 また、風しんに対する免疫のない女性が妊娠初期に風しんウイルスに感染すると、胎児にも感染して、生まれてきた赤ちゃんに白内障や心臓の病気、難聴などを特徴とした先天性風しん症候群 (CRS)を引き起こす可能性があるため、社会全体で感染予防に努める必要があります。
風しんは、風しんウイルスに感染することで発症します。せきやくしゃみのしぶきが周囲の人たちに付着することによって感染が拡がっていきます。手洗いやうがいを行うこと、人の多く集まる場所や流行地域への外出を控えることも大切です。

 

【その他の公費助成による抗体検査】
 妊婦を除く、妊娠を希望している女性やそのパートナー、同居者に対し、風しんの抗体検査を保健所にて無料で受けることができます。
詳しくは長崎県ホームページ(県南保健所 感染症予防事業)にてご確認ください。

  https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/hukushi-hoken/kansensho/kansensyo-kennan/yobou/

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
福祉保健部 保険健康課 健康づくり班
〒855-0812
島原市霊南二丁目45
電話:0957-64-7713(島原保健センター)
ファックス:0957-64-7714
メール hocen@city.shimabara.lg.jp 
(ID:5903)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.