島原市
ホーム  >  分類から探す  >  行政情報  >  住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます!
ホーム  >  組織から探す  >  市民部  >  市民窓口サービス課  >  窓口班  >  住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます!

住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます!

市民部 市民窓口サービス課 窓口班 TEL:0957-63-1111(内線181,182) FAX:0957-62-2921 メールshimin@city.shimabara.lg.jp
 

住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます!


 令和元年11月5日から、住民票、印鑑証明書、マイナンバーカード及び公的個人認証の署名用電子証明書への旧姓併記の制度が開始されます。
 これにより、婚姻等で氏に変更があった場合でも、それまで称してきた氏を住民票に併記した上で、印鑑証明書、マイナンバーカード及び公的個人認証の署名用電子証明書にも旧姓として併記し、公証することができるようになります。
 旧姓を併記すると、旧姓の印鑑を実印として登録し、印鑑登録証明書を発行することができます。
 住民票に旧姓を併記したい場合は、市役所での手続きが必要です。

 

 

 

旧姓(旧氏)とは?


旧姓(旧氏)とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

 

 

 

どんなときに役立つ?

 

例えば・・・
◎就職・転職など、仕事の場面でも旧姓で本人確認ができます。

◎旧姓で作った印鑑を実印として登録できます。

 

 

 

住民票、マイナンバーカード等に旧姓を併記するにはどうするの?


(1) 旧姓が記載された戸籍謄本等を用意してください。  
 戸籍謄本等は、下記の方法で取得することができます。
 ・ 本籍地の市区町村窓口へ出向き直接請求、又は郵送で請求
 ・ マイナンバーカードをお持ちの方はコンビニで発行
  (戸籍謄本等のコンビニ交付に対応している市区町村のみ)

(2) 島原市役所市民窓口サービス課まで請求手続にお越しください。
 用意した戸籍謄本等と一緒に、マイナンバーカード(または通知カード)をご持参のうえ、市役所市民窓口サービス課で請求手続きをしてください。

 住民票・マイナンバーカード等に旧姓を併記します。

 

 

 

注意事項


1.旧姓を初めて記載する際には、任意の旧姓を記載することができます。
  ・一度記載した旧姓は、婚姻等により氏が変更されてもそのまま記載が継続されます。
  ・旧姓は、他市区町村に住所を移しても引き継がれます。
2.氏が変更された場合には、直前に称していた旧姓に限り変更申出ができます。
3.旧姓の削除は可能ですが、一旦削除した旧姓を再度記載することはできません。
(削除後に氏が変更した場合に限り、削除後に称していた旧姓を記載することができます。)
※旧姓記載の申し出をすると、住民票の写し・印鑑証明書の交付を受ける際に必ず旧姓が表示されます。
※旧姓記載の申し出をすると、マイナンバーカードまたは通知カードにも必ず旧姓が表示されます。

 


 

このページに関する
お問い合わせは
市民部 市民窓口サービス課 窓口班
電話:0957-63-1111(内線181,182)
ファックス:0957-62-2921
メール shimin@city.shimabara.lg.jp 
(ID:6129)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.