島原市
ホーム  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「島原大変大地図(松平文庫所蔵資料)」
ホーム  >  観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  ふるさと再発見「島原大変大地図(松平文庫所蔵資料)」
ホーム  >  観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  島原城築城400年記念事業  >  ふるさと再発見「島原大変大地図(松平文庫所蔵資料)」
ホーム  >  観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「島原大変大地図(松平文庫所蔵資料)」

ふるさと再発見「島原大変大地図(松平文庫所蔵資料)」

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

「島原大変大地図(松平文庫所蔵資料)」

 平成2年11月に約二百年ぶりに噴火活動を始めた普賢岳は、翌3年6月3日に、大火砕流を発生させ多くの被害をもたらしました。
 普賢岳は、寛政の噴火による火山活動で、寛政四年(1792年)にも「島原大変肥後迷惑」と言われる大津波で未曽有の大災害を引き起こしています。この災害の様子は、古文書や絵図として多数残されています。松平文庫に所蔵される「島原大変大地図」は、島原藩が大変直後の様子を幕府に報告するために作成した公式な記録です。
 高さの比率が2倍程に強調されていますが、現在の島原城天守閣最上階から見た状況と合致するため、島原藩の絵師が特別に天守に登ることを許され、描いたものと推察されます。絵図には、眉山の下に50個程度の流山と、泥流が発生した様子が描かれ、各地の様子が文章でも記されています。
 市内には、この時の大津波で犠牲になった人々を弔う供養塔が数カ所建てられています。
 このような文化財を通して、過去の災害の歴史も後世に語り継いでいかなければなりません。
(『広報しまばら』平成23年6月号「ふるさと再発見」)

 035+201106島原大変大地図(松平文庫所蔵資料)(平成23年6月号)島原大変大地図(松平文庫所蔵).jpg
【写真】島原大変大地図(松平文庫所蔵資料)


035+201106島原大変大地図(松平文庫所蔵資料)(平成23年6月号)田町の流死菩提供養塔

【写真】田町の流死菩提供養塔

このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:6729)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.