条文目次 このページを閉じる


○島原市営庭球場条例施行規則
平成25年10月24日教育委員会規則第12号
島原市営庭球場条例施行規則
(趣旨)
第1条 この規則は、島原市営庭球場条例(平成元年島原市条例第42号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めるものとする。
(使用許可の手続等)
第2条 島原市営庭球場(以下「庭球場」という。)の使用許可を受けようとする者は、条例第4条の規定により島原市営庭球場使用許可申請書(様式第1号)を、使用する日の1月前から7日前(各種大会及び合宿使用の場合は、使用する日の1年前から1月前)までに、教育委員会(以下「委員会」という。)に提出しなければならない。ただし、委員会が特に認めた場合は、この限りでない。
2 委員会は、第1項の使用許可申請について、適当と認めたときは、島原市営庭球場使用許可書(様式第2号)を申請者に交付するものとする。
3 使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)が庭球場を使用するときは、許可書を携帯しなければならない。
(使用の取消又は変更)
第3条 使用者は、庭球場の使用を取消し又は変更をしようとするときは、島原市営庭球場使用許可取消(変更)申請書(様式第3号)に許可書を添えて、委員会に提出しなければならない。
2 委員会は、前項の申請を認めたときは、島原市営庭球場使用取消(変更)許可書(様式第4号)を申請者に交付するものとする。
(使用料の減免)
第4条 条例第6条第2項の規定による使用料を減免することができる場合及び減免の率は、別表のとおりとする。
2 使用料の減免を受けようとする者は、島原市営庭球場使用料減免申請書(様式第5号)を委員会に提出しなければならない。
(使用料の還付)
第5条 条例第7条ただし書の規定による既納の使用料を還付できる場合及びその額は、次のとおりとする。
(1) 使用者の責めに帰することのできない理由により、使用することができなくなったとき 全額
(2) 使用者が使用の日の3日前までに使用の取消しを申し出た場合において、委員会が正当な理由があると認めたとき 全額
(3) 使用者が使用の日の前日までに使用の取消しを申し出た場合において、委員会が正当な理由があると認めたとき 半額
2 使用料の還付を受けようとする者は、島原市営庭球場使用料還付請求書兼領収書(様式第5号)を委員会に提出しなければならない。
(使用許可の取消等)
第6条 委員会は、使用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、使用を禁止し、中止し、若しくは制限し、又は許可を取り消すことができる。
(1) 目的以外に使用又は許可の範囲を超えて使用しようとしたとき。
(2) 庭球場が天候等のため使用できないとき。
(3) 前2号のほか、委員会が管理上支障があると認めたとき。
(禁止事項)
第7条 庭球場では、次の行為を行ってはならない。
(1) たき火その他危険な行為をすること。
(2) 許可を受けずに庭球場内に車を乗り入れること。
(3) 許可を受けずに広告又はこれに類する掲示をすること。
(4) 指定場所以外にごみ、汚物等を捨てること。
(5) 前各号に掲げるもののほか、他人の迷惑となるような行為をすること。
(読替)
第8条 条例第13条の規定により島原市営庭球場の管理を指定管理者に行わせる場合における第2条から第6条までの規定の適用については、これらの規定中「委員会」とあり、第2条中「教育委員会(以下「委員会」という。)」とあるのは「指定管理者」とし、第4条及び第5条の規定の適用については、これらの規定中「使用料」とあるのは「利用料金」とする。
(補則)
第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は委員会が別に定める。
附 則
(施行期日)
1 この規則は、平成26年1月1日から施行する。
(経過措置)
2 この規則の施行の日の前日までに、島原市営庭球場条例施行規則(平成22年規則第49号)の規定によりなされた許可、手続その他の行為は、この規則の規定による許可、手続その他の行為とみなす。
附 則(平成26年4月1日教委規則第16号)
(施行期日)
1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。
(経過措置)
2 この規則による改正後の島原市営庭球場条例施行規則の規定は、この規則施行の日以後の使用許可に係る使用料から適用し、この規則の施行の日の前日までに行われた使用許可に係る使用料については、なお従前の例による。
附 則(平成29年9月1日教委規則第16号)
(施行期日)
1 この規則は、平成29年10月1日から施行する。
(経過措置)
2 この規則による改正後の島原市営庭球場条例施行規則の規定は、この規則施行の日以後の使用許可に係る使用料等から適用し、この規則の施行の日の前日までに行われた使用許可に係る使用料等については、なお従前の例による。
附 則(令和元年8月13日教委規則第16号)
(施行期日)
1 この規則は、令和元年10月1日から施行する。
(経過措置)
2 この規則による改正後の島原市営庭球場条例施行規則の規定は、この規則施行の日以後の使用許可に係る使用料等から適用し、この規則の施行の日の前日までに行われた使用許可に係る使用料等については、なお従前の例による。
別表(第4条関係)

区分

減免率

減免する場合

100パーセント

ア 本市又は本市教育委員会の主催により使用する場合

イ 市内の小・中学校が学校行事のため使用する場合

ウ 本市小学校体育連盟又は本市中学校体育連盟が体育スポーツ行事のため使用する場合

エ 本市体育協会所属の各競技団体が本市代表として県大会以上(県体・国体等)の競技会のため、強化練習に使用する場合

オ 市内の中学校の部活動がやむを得ない理由により学校施設を使用できないため使用する場合

カ 本市体育協会が主催して使用する場合

50パーセント

ア 国又は県の主催により使用する場合

イ 本市又は本市教育委員会の共催により使用する場合

ウ 本市及び本市教育委員会が主体的に誘致した場合

エ 本市体育協会の共催により使用する場合

オ 本市体育協会所属の各競技団体が主催して使用する場合

カ 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校で、本市在住の者が主催して教育目的のため使用する場合(1の項に規定する場合を除く。)

キ 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第39条に規定する市内の保育所又は就学前の子供に関する法律(平成18年法律第77号)第2条第6項に規定する市内の認定こども園が保育所又は認定こども園の行事として使用する場合

ク 市内の社会教育関係団体、文化関係団体及び福祉関係団体がその目的のため体育スポーツ行事又は文化行事に使用する場合

教育委員会が定める率

1の項及び2の項に掲げるもののほか本市教育委員会が特に必要と認めた場合

備考
1 1の項アからウまでについては、附属設備の使用料等についても徴収しない。
2 1の項エからカまで及び2の項については、条例別表に規定する使用料のみ減免する。
様式第1号(第2条関係)
様式第2号(第2条関係)
様式第3号(第3条関係)
様式第4号(第3条関係)
様式第5号(第4条関係)
様式第6号(第5条関係)



このページの先頭へ 条文目次 このページを閉じる