観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  歴史  >  島原城キリシタン墓碑群
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  島原城キリシタン墓碑群
分類から探す  >  観光情報  >  島原城キリシタン墓碑群
組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  島原城キリシタン墓碑群

島原城キリシタン墓碑群

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

島原城キリシタン墓碑群

非常に珍しいキリシタン墓碑

島原城キリシタン墓碑群
島原城本丸内北側に四基のキリシタン墓碑が置いてあり、半円柱形柱状伏碑が三基、五角柱形柱状伏碑が一基あります。
一番左端の墓碑は島原市三会亀の甲町で発見されたもので、現段階におけるキリシタン特有の伏碑の中で、日本で二番目に古い紀年銘をもつ半円柱状伏碑だそうです。この碑には、紀年銘・銘文・カルワリオ罪標十字架が陰刻されています。紀年銘は、慶長八年十二月二十三日となっていましたが、キリシタン墓碑総覧では「本稿では、慶長九年十二月廿日/辰とする」となっています。
右から二番目の墓碑は、もともと昭和10年有家町下前田の畑(一説に神学校跡地といわれる)から出土したもので、昭和37年に島原城内に移設された(有家町郷土誌)と記述されています。 五角柱形の柱状伏碑で罪標十字架が陰刻されています。
右から三番目と一番右端の墓碑は、碑面のところを削り、立ち上げて手水鉢に転用されていたと考えられ、キリシタン伏碑の墓碑を手水鉢に転用したものは現在八基確認されていて非常に珍しいものです。
 右から三番目の墓碑は、旧島原藩の家老職であった奥平家(島原市城内内田)の庭にあったもので、一番右端の墓碑も島原市内から発見されています。
 
 

ギャラリー

島原城キリシタン墓碑群  島原城キリシタン墓碑群
島原城キリシタン墓碑群  島原城キリシタン墓碑群

施設情報

【場所】長崎県島原市城内一丁目1183-1
【お問合せ先】島原城天守閣事務所 0957-62-4766

【開館時間】9:00~17:30

 

※本記事は、島原観光情報発信サイト「島原旅たより」(平成25~27年)の内容を基に作成しました。






 

このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:2913)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.