観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  歴史  >  青い理髪舘
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  青い理髪舘
分類から探す  >  観光情報  >  青い理髪舘

青い理髪舘

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

青い理髪舘

大正12年建造、モダンな登録有形文化財

青い理髪舘
上の町のはずれにあるコンパクトな総二階建ての木造洋館で、大正12年に建てられました。一、二階とも建物前方部分を洋風造り、後方部分は和風造りとする、和洋折衷となっています。
全国的に洋館ブームが巻き起こった関東大震災後、その波は島原まで押し寄せて、このようなモダンな建物が造られました。
当時、流行の最先端を行く病院や理髪店、写真館などには洋館造りが多く見られたそうです。
戦後は町の床屋さんとして長い間親しまれていましたが、床屋の廃業後は住む人もなく老朽化が進んでいました。
取り壊しも囁かれていましたが、かつての風情を惜しむ声も多く、森岳商店街の活性化事業の一環として再生に取り組むことになりました。
地域の方々の協力のもと、平成12年に「青い理髪舘」としてリニューアルし、今では森岳商店街のまちづくりのシンボルとなっています。
トイレのバリアフリー化など必要最小限の改造にとどめた建物は、昔のまま保全し、外装は皆の心の色に残っている青い色を再現したそうです。また、建物の中へ入ると大きな鏡や椅子など今も床屋さんの道具がそのまま残っていて、当時の様子が偲ばれます。
再生後は訪問者から気軽に親しんでもらえるように、1階は喫茶とお菓子のお店「工房モモ」、2階が休憩室を兼ねたギャラリーになっていて、地元の作家の展覧会などさまざまな企画展の開催の場として利用されています。
 
 

ギャラリー

青い理髪舘  青い理髪舘
青い理髪舘  青い理髪舘
 

施設情報

【場所】島原市上の町888-2

【営業時間】AM10:30~PM7:00 (10月~3月はPM6:00まで)

【定休日】毎週木曜日、第1・第3水曜日  ※祝日の場合AM10:30~PM5:00営業

【お問合せ先】工房モモ (0957-64-6057)

 

※本記事は、島原観光情報発信サイト「島原旅たより」(平成25~27年)の内容を基に作成しました。



 

このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:2949)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.