観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  島原城  >  西望記念館
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  西望記念館
分類から探す  >  観光情報  >  西望記念館

西望記念館

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

西望記念館

長崎市平和公園に設置された「平和祈念像」の作者、北村西望

北村西望記念館
北村西望氏は明治17年12月16日、旧名家であった北村家の四男として旧南有馬村の白木野に生れました。幼少の頃から図工が好きで、個性的かつ大胆な作品で周囲を驚かせていたそうです。
京都美術学校(現在の京都市立芸術大学)、東京美術学校(現在の東京芸術大学)を首席で卒業後、彫刻の研究会「八手会」を結成して本格的に彫刻の道へと歩み始め、「逞しく、力感あふれる男性像」を追及した独特の作品スタイルを確立しました。大正6年文展に出品した「光にうたれる悪魔」で世に知られ、国会議事堂内に設置してある「板垣退助翁」像や日本の平和の象徴として長崎市平和公園に設置された「平和祈念像」が広く知られる代表作のひとつです。
昭和33年には文化勲章を受章、さらに、昭和47年に島原市名誉市民に推されています。
島原城の一角にある、ここ「西望記念館」は北村西望氏の米寿を祝して昭和47年(1972年)に開館しました。西望氏の1世紀に近い長い創作活動の軌跡をたどれる、世界でも類のない場所で、館内には「将軍の孫」「喜ぶ少女」「健康美」「拳闘」など多数の作品のほか、平和祈念像の最初の雛形も展示されています。
また、祈念館の外にある「日蓮上人」「人類の危機」「平和の女神」など大きくて力強い作品はとても見ごたえがあり、西望氏の芸術作品を身近に感じることができます。
 
 

ギャラリー

北村西望記念館

北村西望記念館 北村西望記念館
 

施設情報

【場所】島原市城内1丁目1183-1 島原城内
【お問合せ先】0957-62-4766
【休館日】なし
【開館時間】9:00~17:30(入館は17:00まで)
【料金】天守閣・西望記念館・観光復興記念館の共通券 大人 540円/小人 270円
 

※本記事は、島原観光情報発信サイト「島原旅たより」(平成25~27年)の内容を基に作成しました。


 



このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:2956)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.