観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  おすすめ  >  島原城
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  島原城  >  島原城
分類から探す  >  観光情報  >  島原城

島原城

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
  

島原城

島原観光のシンボル

島原城
1616(元和2)年、大和(奈良県)五条から島原に移封した松倉豊後守重政は、1618(元和4)年から7年余の歳月を費やして島原城を築きました。城は昔「四壁山」「森岳」などと呼ばれた小高い丘を利用して築かれたので、別名を森岳城とも言います。

 島原城は、南北に連なる連郭式平城で、外郭は周囲約4kmの長方形で塀をめぐらし、城門が7か所、平櫓が33か所ありました。内郭は堀にかこまれた本丸・二の丸を設け、その北に藩主の居館である三の丸が続きます。本丸には五層の天守閣をはじめ、3か所に三重櫓がそびえ立つ豪壮堅固な城構えでありました。

 城は松倉氏・高力氏・松平氏・戸田氏・松平氏と4氏19代253年間の居城でしたが、1874(明治7)年に廃城となり、民間に払い下げられました。以来、文字通りの荒城となっていましたが、1964(昭和39)年に天守閣が復興され、次第に昔の面影がよみがえっています。 現在、城内の建物はキリシタン史料館(天守閣)、西望記念館(巽の櫓)民具資料館(丑寅の櫓)などに利用されています。なかでもキリシタン史料館は、有名なキリシタン大名有馬晴信(ドン・プロタシオ)時代に盛んであった南蛮貿易時代から、宣教時代・禁教時代・弾圧時代と続き、島原の乱関連の資料を展示しています。 

  

「島原城跡公園」が「日本の歴史公園100選」に選定

平成18年(2006年)は、都市公園法施行50周年、古都保存法施行40周年、国営公園制度制 定30年となる節目の年であることから、同年4月に都市公園法施行50周年等記念事業実行委員会が発足しました。同実行委員会の主催による都市公園法施行50周年記念事業の一環として、「日本の歴史公園100選」選定事業が実施され、「島原城跡公園」は歴史的・文化的資源を保存・再生・活用し、地域の活力を生み出している優れた公園として選定されました。
また、島原城は「日本100名城」にも認定されています。 

 

関連ウェブサイト

島原城ポータルサイト 

 

ギャラリー

島原城 島原城
島原城

 

施設情報

【住所】長崎県島原市城内一丁目1183-1

【電話番号】0957-62-4766

【開館時間】9時00分~17時30分

【休館日】なし

【入場料、天守閣・観光復興記念館・西望記念館、三館共通入館料】

大人540円 小・中・高生270円 団体(30人以上)は個人の2割引

【駐車料金】一般車両320円  小型バス540円  大型バス1,080円

 

アクセス

 




 

このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:934)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.