観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  湧水  >  浜の川湧水(浜ン川洗い場)
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  浜の川湧水(浜ン川洗い場)
分類から探す  >  観光情報  >  観光地・観光施設  >  湧水  >  浜の川湧水(浜ン川洗い場)
組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  浜の川湧水(浜ン川洗い場)

浜の川湧水(浜ン川洗い場)

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

浜の川湧水(浜ン川洗い場)

地元で愛される洗い場

浜の川湧水

 数多くある湧水の中でも「浜の川湧水」には、4つの区画に区切られた洗い場があって、食料品を洗うところ、食器を洗うところなど各用途によって上から順々に水を利用していくような仕組みになっており、現在もそのしきたりが守られています。

 現在みられる島原市内の湧水の多くは、1792(寛政4)年の雲仙岳噴火に伴う群発地震による地殻変動によって誘発されたものといわれています。

  市街地においては、地下の地層帯が、火山灰層や砂れき層が互層した良好な帯水層となっていて、源水涵養帯としての透水性に富む山体(眉山)が直前にまで迫っていることから、地下水に強い圧力が加わり自噴しやすい状態となっているため湧出しているといわれています。

  市内の各所に祀られた水神様に、水を大切に思い感謝した先人たちの気持ちがしのばれ、それは今に受け継がれてきています。湧水池や水路、洗い場などの環境保全は、現在も地域住民の手によって行われています。

 このような住民の手による管理保全や湧水の利用、また、市が進めてきた水辺環境の整備などが評価され、昭和60年に環境庁から島原湧水群が全国「名水百選」の一つに、また、平成7年には国土庁から「水の郷」に選定されました。

 

 「浜の川湧水」に隣接して、島原名物かんざらしの名店「銀水新しいウインドウで」があります。平成28年8月6日、20年近い時を経て、観光客と地域住民の交流の場として、「湧水」による「島原らしさ」を演出できる新たな観光スポットとして、島原市地域おこし協力隊による地域活性化の発信拠点として、復活しました。

 

 

ギャラリー

浜の川湧水 浜の川湧水
浜の川湧水 浜の川湧水

銀水 銀水

 

『島原市湧水めぐりマップ』をご用意しています

こちらのページからダウンロードできますのでご覧ください。新しいウインドウで

 

 

施設情報

【住所】島原市白土桃山2丁目

【入場料】無料

 

※本記事は、島原観光情報発信サイト「島原旅たより」(平成25~27年)の内容を基に作成しました。


 

このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:940)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.