島原手延べそうめん / 島原市
島原市
ホーム  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  島原手延べそうめん
ホーム  >  観光TOP  >  観光  >  名物・特産品  >  島原の美味しいもの  >  島原手延べそうめん
ホーム  >  観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  島原手延べそうめん

島原手延べそうめん

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

島原手延べそうめん

島原手延べそうめんの特徴は“腰”の強さ

島原の乱(1637~8)の後、瀬戸内海の小豆島などから移住してきた人々によって製造が始まった、とされています。 島原半島では「南目」と呼ばれる南島原市の有家、西有家地方で盛んですが、島原市内でも五軒の製造元があります。
手延べそうめんは、小麦、塩、綿実油、水を原料として製造されます。熟成の時間も必要となるため、一回の製造に1~2日かかります。 厳選された小麦粉を用いるのはいうまでもありませんが、粉によってそれぞれ性質も違うため、粉を見極め、その性質を最大限に生かしながら最高の状態のめんに仕上げていくのが、島原手延べそうめんの伝統の技術です。 最初、約10センチのそうめんのもとになるものがつくられ、それが約30~40センチに延ばされます。最終的には、2メートルくらいにまで細く延ばされて、そうめんができていきます。
手延べそうめんは、全国各地で、つくられていますが、島原手延べそうめんの特徴は“腰”の強さです。夏の暑い日に食べる冷やしそうめんも最高ですが、地獄そうめんを作る時のように煮込んでもなかなか煮崩れしないのが自慢です。
島原では豊かな湧水を利用し、年間を通してつくられています。

湧水を利用したそうめん流しも、島原の夏の風物詩でしたが、現在では2件のみの営業となっています。

 

ギャラリー

 島原手延べそうめん 島原手延べそうめん

提供店舗一覧

宇土出口そうめん流し(本村商店)島原市中尾町乙1710-10957-62-3448
しまばら水屋敷島原市万町5130957-62-8555
茶房&ギャラリー 速魚川島原市上の町9120957-62-3117
漁人市場とっとっと島原市湊新地町4510957-63-9911
都一島原市桜町9680957-62-3323
肥後っ子島原市中堀町260957-63-3577
匠月島原市北門町1567-10957-64-0062
お食事処笑店島原市大手原町2141-130957-63-5222
水源島原市上の町8550957-62-8867
網元島原市弁天町1丁目7080-60957-62-5185
眉山ロードそうめん流し島原市南千本木町1897-590957‐62‐5922
 
 

※本記事は、島原観光情報発信サイト「島原旅たより」(平成25~27年)の内容を基に作成しました。


 














 

このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:2972)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.