島原市
ホーム  >  よくある質問  >  検索  >  質問と回答

よくある質問

検索結果 全112件 (11~20件)
質問 境界立会いについて~地籍調査の境界確認の立会いの日はどうしても都合がつかず、代理に立てる者もおりません。どうすればよいでしょうか。
地籍調査の境界確認の立会いの日はどうしても都合がつかず、代理に立てる者もおりません。どうすればよいでしょうか。
回答  そのような場合には、必ず事前にご連絡ください。
 日程変更を行うか、場合によっては、立会い当日隣接者の方と仮杭を設置し、欠席された方に後日仮杭をご確認いただき、了解いただければ、そのまま境界杭となります。なお、了解が得られない場合は、隣接者の方と再び立会いをお願いすることとなります。

注)原則、立会いする方がおられない場合は、杭を打ちません。

 隣接者の方にご迷惑をおかけすることになりますので、ご都合のつかないときは、必ずご連絡ください。
【お問い合わせ先】 総務部 契約管財課 地籍調査班  〒855-8555  島原市上の町537番地  TEL:0957-63-1111(内線264)  FAX:0957-62-8260  メール chiseki@city.shimabara.lg.jp 
<< 質問一覧へ戻る
質問 閲覧について~閲覧(地籍調査の結果の確認)の案内が届きましたが、どのようにしたらよいでしょうか。
閲覧(地籍調査の結果の確認)の案内が届きましたが、どのようにしたらよいでしょうか。
回答  閲覧は作成された地籍図と地籍簿案の確認を行っていただくものです。期間中(20日間)のご都合のいい日に指定場所に認印・委任状等(必要な方)をご持参の上おいで下さい。
 万一、結果に誤りがある場合には、必ず申し出てください。

注)面積が確定してから境界を変更する場合は測量費用は個人負担となりますので、必ず測量図をご確認ください。
注)委任状などの様式は、各種様式ダウンロードのページからダウンロード可能です。
【お問い合わせ先】 総務部 契約管財課 地籍調査班  〒855-8555  島原市上の町537番地  TEL:0957-63-1111(内線264)  FAX:0957-62-8260  メール chiseki@city.shimabara.lg.jp 
<< 質問一覧へ戻る
質問 登記関係について~地籍調査期間中に土地の異動を行いたいのですが、可能ですか。
地籍調査期間中に土地の異動を行いたいのですが、可能ですか。
回答  地籍調査期間中の土地の異動を禁止するものではありませんので、不動産登記法による手続きを行われてもかまいません。
 ただし、地籍調査で作成した地籍簿の記載と登記簿の記載が一致しなくなりますので、境界立会い後、地籍調査の成果を登記所へ送付するまでの間に登記に変更がある場合は、必ず契約管財課 地籍調査班へご連絡をお願いします。

注)境界立会いから登記所への送付までには、2~3年かかります。
【お問い合わせ先】 総務部 契約管財課 地籍調査班  〒855-8555  島原市上の町537番地  TEL:0957-63-1111(内線264)  FAX:0957-62-8260  メール chiseki@city.shimabara.lg.jp 
<< 質問一覧へ戻る
質問 登記関係について~私の土地はまだ祖父の名義となっているのですが、地籍調査事業で私名義にできるのですか。
私の土地はまだ祖父の名義となっているのですが、地籍調査事業で私名義にできるのですか。
回答  できません。
 その他、以前、交換(又は売買)を行った未登記の土地の名義の書き換えなどは、地籍調査ではできません。
 地籍調査事業では、所有権移転登記【相続、交換、売買など】はできませんので個々に手続きを行ってください。

注)市役所からの案内は、登記簿上の所有者に通知いたしますので、売買等により所有者が変わっているのに未登記の場合は、連絡が遅れたり連絡が取れない恐れがありますので、早めに所有権移転登記を行ってください。
 引越等による住所の変更、婚姻等による名字の変更があった場合には、所有している土地の登記名義の表示変更手続きについてもご対応ください。皆さんがどこにいるか分からないと連絡が取れなくなる場合があります。
【お問い合わせ先】 総務部 契約管財課 地籍調査班  〒855-8555  島原市上の町537番地  TEL:0957-63-1111(内線264)  FAX:0957-62-8260  メール chiseki@city.shimabara.lg.jp 
<< 質問一覧へ戻る
質問 登記関係について~抵当権が設定された土地があるのですが、返済は終了しているので、抵当権の解除を地籍調査でできますか。
抵当権が設定された土地があるのですが、返済は終了しているので、抵当権の解除を地籍調査でできますか。
回答  できません。
 地籍調査事業では、抵当権の解除等、所有権以外の権利に関する登記はできませんので、個々に手続きを行ってください。

注)抵当権等、所有権以外の登記がある場合には、合筆(合併)を希望されてもできない場合があります。
【お問い合わせ先】 総務部 契約管財課 地籍調査班  〒855-8555  島原市上の町537番地  TEL:0957-63-1111(内線264)  FAX:0957-62-8260  メール chiseki@city.shimabara.lg.jp 
<< 質問一覧へ戻る
質問 登記関係について~地籍調査後、権利証はどうなりますか。
地籍調査後、権利証はどうなりますか。
回答 【地籍調査の登記は権利証を交付しません】
 権利証(登記済証といいます)は、所有権の取得の登記を受けた事を証明する証書で、所有権の登記が完了すると登記所(法務局)から交付されるものです。
 地籍調査は、地番や面積を確認して修正するなど、表示登記の更正のみを行うもので、所有権の登記に直接関係しないことから、登記済証は交付されません。
 地籍調査の登記が完了すると、現在お持ちの権利証の内容と登記簿の表示内容が合わなくなりますが、今後の所有権移転登記等の支障となることはありません。

【今お持ちの権利証は、大切に保管してください】
 地籍調査の閲覧時に、登記所へ送付する地籍簿の内容を個人別に名寄せした地籍調査結果閲覧確認書の写しをお渡しします。
 地籍調査結果閲覧確認書をご覧になれば、調査前後の異動(地目変更、地積更正、分・合筆など)が分かります。
 地籍調査結果閲覧確認書の写しと権利証とを合わせて大切に保管してください。
【お問い合わせ先】 総務部 契約管財課 地籍調査班  〒855-8555  島原市上の町537番地  TEL:0957-63-1111(内線264)  FAX:0957-62-8260  メール chiseki@city.shimabara.lg.jp 
<< 質問一覧へ戻る
質問 境界トラブルについて~以前から土地の境界でもめています。地籍調査で解決してもらえるのですか。
以前から土地の境界でもめています。地籍調査で解決してもらえるのですか。
回答  地籍調査事業で境界を決めるものではありません。
 地籍調査は、土地の境界を確認し、法務局の土地登記簿や公図を現況に合わせて正確に更新するものです。
 地籍調査事業完了後は、土地のトラブル防止に役立ちますが、現に紛争している問題は、関係する土地所有者の理解と協力がないと解決できません。

注)境界(筆界)が決まらないと筆界未定となります。
【お問い合わせ先】 総務部 契約管財課 地籍調査班  〒855-8555  島原市上の町537番地  TEL:0957-63-1111(内線264)  FAX:0957-62-8260  メール chiseki@city.shimabara.lg.jp 
<< 質問一覧へ戻る
質問 地籍調査で打たれた杭について~地籍調査のときに打たれた杭が支障となっていますが、どうしたらいいですか。勝手に撤去してかまいませんか。
地籍調査のときに打たれた杭が支障となっていますが、どうしたらいいですか。勝手に撤去してかまいませんか。
回答  地籍調査で打った杭は次のようなものがあります。

【測量杭(測量基準杭)の場合】
 島原市で管理する杭(金属鋲)です。境界復元などに使用する測量の基準となる大事なものですので、勝手に動かさないでください。どうしても動かさないといけない場合は、移動、撤去をされる前に必ず連絡してください。

【筆界杭(境界杭)の場合】
 土地の境に打たれた杭で、皆様にとって大切な杭です。どうしても支障がある場合は撤去されてもかまいませんが、地籍調査後の境界復元は個人負担となります。
 “境界杭は貴方の財産(土地)を守るものです!”

注)測量杭・筆界杭の区別がつかない場合は契約管財課 地籍調査班へ連絡をお願いします。
【お問い合わせ先】 総務部 契約管財課 地籍調査班  〒855-8555  島原市上の町537番地  TEL:0957-63-1111(内線264)  FAX:0957-62-8260  メール chiseki@city.shimabara.lg.jp 
<< 質問一覧へ戻る
質問 地籍調査の成果について~地籍調査の座標を活用したいのですが、どうしたらいいですか。
地籍調査の座標を活用したいのですが、どうしたらいいですか。
回答  地籍調査が完了して登記されている地区の基準点及び画地(筆界点)データは市役所で管理していますので、お問い合わせください。
 ・本庁 総務部 税務課 固定資産税班
 (基準点の使用承認等:本庁 総務部 契約管財課 地籍調査班)

注)詳しくは、「成果・街区基準点」のページをご覧ください。
【お問い合わせ先】 総務部 契約管財課 地籍調査班  〒855-8555  島原市上の町537番地  TEL:0957-63-1111(内線264)  FAX:0957-62-8260  メール chiseki@city.shimabara.lg.jp 
<< 質問一覧へ戻る
質問 市内で住居を変更しましたが、住所変更の手続きはどうすればいいのでしょうか。
市内で転居しましたが、住所変更の手続きはどうすればいいのでしょうか。
回答 市内で転居された場合、以下のような住所変更の届け出が必要になります。

提出書類: 住民異動届(転居届)
届け出窓口: 島原市役所市民窓口グループ、有明支所、三会出張所
持っていくもの: 届出人の本人確認書類(免許証・保険証など)、印鑑
・転居先の住所(町名・地番を正確に)
・国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
・後期高齢者医療被保険者証(加入者のみ)
・介護保険の被保険者証(加入者のみ)
届け出期間: 転居をした日から14日以内

【注意事項】
・ 印鑑登録の住所変更は、住民票の転居届により自動的にされますので、手続きの必要はありません。

【お問い合わせ先】 市民部 市民窓口サービス課 窓口班  TEL:0957-63-1111(内線181,182)  FAX:0957-62-2921  メール shimin@city.shimabara.lg.jp 
<< 質問一覧へ戻る
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.