島原市
ホーム  >  分類から探す  >  観光情報  >  旅番組『遠くへ行きたい』は島原が舞台です!
ホーム  >  組織から探す  >  市長公室  >  シティプロモーション課  >  ロケツーリズム班  >  旅番組『遠くへ行きたい』は島原が舞台です!
ホーム  >  イベントカレンダー  >  旅番組『遠くへ行きたい』は島原が舞台です!
ホーム  >  観光TOP  >  観光  >  お役立ち情報  >  テレビ放送・ロケ情報  >  旅番組『遠くへ行きたい』は島原が舞台です!
ホーム  >  観光TOP  >  組織から探す  >  市長公室  >  シティプロモーション課  >  ロケツーリズム班  >  旅番組『遠くへ行きたい』は島原が舞台です!
2021年8月8日

旅番組『遠くへ行きたい』は島原が舞台です!

市長公室 シティプロモーション課 ロケツーリズム班 TEL:0957-61-1652 FAX:0957-62-8115 メールpromo@city.shimabara.lg.jp

遠くへ行きたいロゴマーク
大自然の恵み エネルギッシュ島原
―長崎 雲仙~島原―

 

今回は俳優 眞島秀和さんが大自然のパワー溢れる、長崎・雲仙から島原を旅します。

まずは煙が立ち上る「雲仙地獄」の迫力にびっくり! 路地の奥で見つけたオアシスとは?

夜の海でごちそうをゲット! 畑に出現した地上絵の謎、そして伝統の「和ろうそく」の秘密に迫る。

 

大地のエネルギーをたっぷり感じる旅のはじまりです! 


<放送日>長崎国際テレビ(NIB) 令和3年11月21日(日曜日)17時~17時30分

 

放送日時

 地域によって放送日時が異なりますので、詳しくは番組公式ホームページ、各局番組表をご確認ください。

 番組公式ホームページ https://www.ytv.co.jp/tohku/別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

FBS 福岡放送(福岡エリア)

 8月8日(日曜日) 朝6時30分~7時
 

日本テレビ(関東エリア)

 8月8日(日曜日) 朝6時30分~7時

 

ytb 読売テレビ(関西エリア)

 8月8日(日曜日) 朝7時~7時30分
 

NIB 長崎国際テレビ(長崎エリア)

 11月21日(日曜日) 17時~17時30分

番組の内容

 

眞島秀和さん
旅人 眞島秀和さん
旅のはじまりは長崎の避暑地・雲仙から。眞島は煙が立ち上る「雲仙地獄」の迫力に「テンションあがる!」とびっくり。遊歩道を歩いてゆくと途中に「地熱を感じてみましょう」というスポットが。裸足になって体験してみた眞島は――?!
明治時代に外国人の避暑地だった雲仙。街並みはレトロモダンでしゃれた雰囲気だ。眞島は「雲仙湯せんぺい 遠江屋本舗」と書かれた店へ。
「せんべい、じゃなくて“せんぺい”?」と不思議に思った眞島、店でせんぺいを焼く三代目・加藤隆太さん(42)にその理由を聞き、さらにワインがほしくなる加藤さん考案の、いまどきな湯せんぺいの楽しみかたを教えてもらう。
 
 続いて雲仙普賢岳の麓、島原市へ。ここには全国でも珍しい街並みがある。それは「島原武家屋敷通り」。石垣が続く景色に眞島は「時代劇にそのまま使えそう」と感心する。澄んだ湧き水があちこちに湧き「水の都」とも呼ばれているという。
 
さらに路地の奥へ進むと、人の笑い声が聞こえてくる。そこは「浜の川湧水」という共同の洗い場。湧き水は冷たくて気持ちいい。洗い場の上の段は食品を洗う場所、下では洗濯をする場所。子どもたちがプールのように水遊びをしてもOKだ。湧水のそばには風情ある建物が。眞島はその店「銀水」にお邪魔する。そこは島原名物「かんざらし」の店。かんざらしとは、いったい? 眞島は店の笹田克子さん(53)に話を聞く。
 
島原港で珍しい漁があると聞き、眞島は漁師・北野寛さん(78)の船に乗せてもらい、夜の海へ。サーチライトで北野さんが探すのは――ワタリガニ!泳いでいるワタリガニをなんと網ですくって捕る。眞島もカニ漁に挑戦してみるが――?! そして翌日、浜で北野さんにワタリガニをごちそうになる。
 
次にやってきたのは、ヒマワリが咲き乱れる畑のある島原の広高野町。眞島はヒマワリ畑にいるHira Farm代表の平 和徳さん(36)に出会う。平さんは野菜を作る前の時期に、ヒマワリを作っているという。よく見ると畑には通路が。実は平さん、ここを迷路にしているのだ。眞島、ヒマワリ迷路にいざ挑戦!
 
平さんは農家の三代目。島原の野菜をより全国に広めたいと、若い農家仲間たちと「Bunkou Farms島原」を立ち上げ、島原の湧き水で育てた島原ブランドの野菜作りに励んでいる。眞島もおそろいのユニフォームに着替え、農作業をお手伝い。畑の真っ白いトウモロコシをそのままガブリといった眞島は「甘い!」と感激!
 
「本多木蝋工業所」は島原の伝統産業を守る職人の工房。工房に積まれているのはハゼの実。これでろうそくを作るのだという。眞島は三代目・本多俊一さん(66)に、ハゼの実をしぼる作業を見せてもらう。さらに本多さんの指導で、江戸時代から伝わる和ろうそく作りを体験する。
さらに緊張しながら絵つけにも挑戦――!

 

番組内で紹介されるスポット

 ■武家屋敷水路
 ■浜の川湧水

 ■銀水 かんざらし

 ■ガネ(ワタリガニ)

 ■BunkouFarms島原別ウィンドウで開きます(外部リンク)(ひまわり畑・白いトウモロコシ)

 ■島原和ろうそく 本多木蝋工業所別ウィンドウで開きます(外部リンク)
 

 

番組で紹介された名物等をご自宅でいかがでしょうか(ふるさと納税返礼品のご紹介)

かんざらし
ガネ
島原名物かんざらし別ウィンドウで開きます(外部リンク)ガネ(ワタリガニ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)
 
とうもろこし
和ろうそく
とうもろこし別ウィンドウで開きます(外部リンク)
島原で採れた野菜別ウィンドウで開きます(外部リンク)
島原和ろうそく別ウィンドウで開きます(外部リンク)



撮影時の新型コロナウイルス感染症予防対策について

県外からの撮影関係者(出演者・撮影スタッフ)は、事前にPCR検査を行い「陰性」の結果を確認したうえで来島されております。

本番組の撮影時は、新型コロナウイルス感染症対策を最優先し行われております。

 (感染対策の一例)

  ■出演者、スタッフ全員の朝一番での検温の実施

  ■撮影時のスタッフを最小にしての撮影

  ■マスク着用

  ■こまめな消毒

 

 

企業版ふるさと納税募集!『ロケを誘致し島原を全国に発信!』ロケツーリズム推進事業

 

企業版ふるさと納税

映画やテレビ番組などの撮影誘致・支援を行うことで、作品を通した情報発信により、

魅力や認知度の向上を目指すなどのロケツーリズム推進事業について、

企業様からの寄附を募集いたします。


詳しくは、特設ページをご覧いただけると幸いです。https://www.city.shimabara.lg.jp/page17231.html別ウィンドウで開きます

このページに関する
お問い合わせは
市長公室 シティプロモーション課 ロケツーリズム班
〒855-8555
島原市上の町537番地
電話:0957-61-1652
ファックス:0957-62-8115
メール promo@city.shimabara.lg.jp 
(ID:17697)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.