島原市
ホーム  >  分類から探す  >  観光情報  >  島原城築城400年記念事業
ホーム  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  島原城築城400年記念事業
ホーム  >  観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  島原城築城400年記念事業  >  島原城築城400年記念事業
ホーム  >  観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  島原城築城400年記念事業

島原城築城400年記念事業

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp

記事タイトル

 
 

島原城築城400年記念事業実行委員会 設立趣旨

 島原城は、松倉豊後守重政公が元和4年(1618年)から7年の歳月を費やして築いた近世城郭で、5層の天守を中心として、本丸、二ノ丸に大小16基の櫓と外曲輪に31基の平櫓を要所に配しました。
 また、周囲は総長5,320mという大規模な矢狭間塀を巡らせ、江戸時代初期の完成段階の石垣構築技術と廊下橋や鏡石群など桃山期の築城観を併せ持つ壮麗な城郭でありました。
 その後、寛永14年(1637年)に「島原・天草一揆」で実戦を経験し、寛政4年(1792年)には「島原大変」の眉山大崩壊と津波という歴史的大事変に遭いながらも、島原藩の藩庁として250年間機能し、島原は島原半島の政治・経済・文化の中心となりました。
 明治6年(1873年)の「存城廃城令」により民間に払い下げられ、明治9年までに惜しくも天守・櫓が解体されましたが、昭和39年(1964年)に天守閣が復元され、島原城は、島原市民の誇りとなっています。
 こうした中、平成36年(2024年)には築城400年を迎えることから、島原城や城下町の歴史、文化を振り返り、新たな文化や魅力を創出し、次世代に伝承していくことを目的とし、ここに「島原城築城400年記念事業実行委員会」を設立しました。
 

基本方針

1基本方針

 

はじめに

2基本方針

 

事業概要

3基本方針

 

事業構成

4基本方針

 

事業推進体制

5基本方針

実行委員会組織

6基本方針


 

実行委員会規約・委員名簿等

  •   PDF 規約 新しいウィンドウで(PDF:142.7キロバイト)

 

事業計画

平成30年度

 (1)事業計画の策定

 (2)情報発信、PR活動

 (3)キャッチフレーズ及びロゴマークの募集

このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:4878)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.