観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  ふるさと再発見「初代島原藩主 松倉重政(生年不詳~1630年)」
観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  島原城築城400年記念事業  >  ふるさと再発見「初代島原藩主 松倉重政(生年不詳~1630年)」

ふるさと再発見「初代島原藩主 松倉重政(生年不詳~1630年)」

 

「初代島原藩主 松倉重政(生年不詳~1630年)」

 松倉重政は、戦国大名で大和(やまと)郡山(こおりやま)城主・筒井(つつい)順慶(じゅんけい)の重臣・松倉重信の子として生まれました。通常豊後守(ぶんごのかみ)を名乗っています。
 1608年(慶長13)、筒井氏は改易となりますが、重政は1600年(慶長5)の関ヶ原合戦の戦功により、大和国(やまとのくに)二見(ふたみ)五条(ごじょう)(現・奈良県五條市)1万石の大名に取り立てられました。
 1615年(慶長20)の大坂夏の陣の戦功により4万石加増となり、肥前国高来郡日野江(ひのえ)(現・南島原市北有馬町)に移されますが、程なくして島原城の新築にかかり、居城とします。
 重政が島原に移った年や島原城の築城年代については、多くの史料が年代を明記しないため、諸説あります。その中で1682年(天和2)に記したとされる『肥前国(ひぜんのくに)有馬古老(ころう)物語(ものがたり)』という史料は、「元和2年に日野江に入った後島原浜の城に移り、同4年に島原に本城の地を取り立て(採用し)、7年で成就した」という旨で、具体的な年数を記しています。
 重政の治世は、島原が島原半島の政治・経済・文化の中心地として発展していく礎を築いたと評価される一方、領内統治のためのキリシタン弾圧と過重な年貢徴収によって、島原・天草一揆(島原の乱)が引き起こされたと、今なお語り継がれています。
 また、重政は南方への遠征を画策し、それに先立って1630年(寛永7)に、ルソン島(フィリピン)に使節を派遣しています。
 ところがその矢先、小浜(現・雲仙市小浜町)にて死去。遠征は実現せず、ルソン島遠征の動機は謎のままとなりました。
 中堀町(なかほりまち)の江東寺(こうとうじ)には重政の墓地があります(市指定史跡)。島原大変で流失した後に発見された墓石と1828年(文政11)に再建された墓石が残されています。
(社会教育課学芸員 吉田 信也(よしだ しんや))

 047+201403『華夷変態』と『唐人風説書』(平成26年3月号)

【写真】松倉重政の墓

このページに関する
お問い合わせは
教育委員会 社会教育課
電話:0957-68-1111(内線651,652)
ファックス:0957-68-5480
メール shakyo@city.shimabara.lg.jp 
(ID:17303)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.