観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光スポット  >  歴史  >  礫石原環状石組遺構
分類から探す  >  観光情報  >  礫石原環状石組遺構

礫石原環状石組遺構

 

礫石原環状石組遺構

縄文時代の埋葬施設

礫石原環状石組遺構
「礫石原環状石組遺構」がある島原市礫石原町は、三会扇状台地の最西部に当り、標高270mに及ぶゆるい傾斜台地です。
ここ一帯は、藩政時代には砲術訓練の着弾地で、明治維新ごろは禄を放れた旧藩士達の牧場となっていた地です。第二次世界大戦後まもなくして、未耕地約70ヘクタールが開墾地に指定され、昭和21年(1946年)に入植がはじまり開墾が進むと、押型文土器や鍬型石器、板状偏平石器など縄文初期の重要な遺物が大量に発見され、同時に、2メートル四方の「礫石原環状石組遺構」が発見されました。
「礫石原環状石組遺構」は、縄文時代の埋葬施設の中心となるものです。当時この附近からは合口甕棺4基のほか焼灰の集積、集石墓10基の集積が次々と確認されており、埋葬祭祀共同体を構成する重要な遺構といわれています。
「礫石原環状石組遺構」は、昭和59年1月10日に島原市指定有形文化財になりました。有明海と雲仙岳に囲まれた島原の地は古代から豊かな地で、そのため今もこのような遺跡が数多く残っています。
  
 

ギャラリー

礫石原環状石組遺構 礫石原環状石組遺構
 

施設情報

【場所】島原市礫石原町

 

※本記事は、島原観光情報発信サイト「島原旅たより」(平成25~27年)の内容を基に作成しました。


(ID:2873)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.