観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  ふるさと再発見「二つの藩士屋敷図」
観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  島原城築城400年記念事業  >  ふるさと再発見「二つの藩士屋敷図」
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「二つの藩士屋敷図」
組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「二つの藩士屋敷図」

ふるさと再発見「二つの藩士屋敷図」

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

二つの藩士屋敷図

 島原には、現在2系統の『藩士屋敷図』が伝来しています。これによって、藩士たちの屋敷が当時どこにあったのかを知ることができます。
 一つは本光寺蔵(後年の写本が松平文庫にも伝わる)で享保期以前の城内の様子を描いたもの。もう一つは幕末ごろの調査を元に描かれたもの(松平文庫蔵)で、城内と鉄砲町の様子がわかります。
 1669年(寛文9)、松平忠房(まつだいら ただふさ)公が最初に島原入りして間もなく、諸士にくじを取らせて邸宅を分け与えたことが『深溝世紀』に記されています。
 今の感覚と違い、屋敷地は個人が所有するものでなく、原則、藩士一個人に対して拝領されたもので、拝借しているという感覚だったと思われます。そのため、藩士の住まいは想像以上に流動的なものでした。間に戸田氏が治めた時期があったとはいえ、二つの藩士屋敷図を見比べてみても、ほとんどの藩士の住まいが前後で異なっています。
 また、本光寺蔵の図を見ると、「仕立師(したてし)」といった職人の住まいや、「鉄炮矢場(てっぽうやば)」、「薪長屋(たきぎながや)」、「牢屋(ろうや)」といった邸宅と異なるところ、「明屋敷(あきやしき)」といった居住者のいない屋敷地など、『藩士屋敷図』の名前からは想像できない発見もあります。
 今は見ることのできない、地域のさまざまな姿を、これらの屋敷図は教えてくれます。
(松平文庫学芸員 吉田 信也(よしだ しんや))
(『広報しまばら』平成27年3月号「ふるさと再発見」)

015+201503二つの藩士屋敷図(平成27年3月号)1

015+201503二つの藩士屋敷図(平成27年3月号)2

本光寺所蔵の「藩士屋敷図」

松平文庫所蔵の「藩士屋敷図」

 
 

 
このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:5648)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.