観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  ふるさと再発見「島原大変と島原城」
観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  島原城築城400年記念事業  >  ふるさと再発見「島原大変と島原城」
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「島原大変と島原城」
組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「島原大変と島原城」

ふるさと再発見「島原大変と島原城」

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

「島原大変」と島原城

○瓦の落下・7カ所
○石垣崩落(いしがきほうらく)・5カ所
 (鐘撞所(かねつきどころ)、土手留(どてどめ)を含む)
○塀の決潰(けっかい)・7カ所
○米蔵破損(こめぐらはそん)・2棟
○外曲輪平櫓破損(そとぐるわひらやぐらはそん)・9カ所

 これは、1792年(寛政4)の、いわゆる「島原大変」における、島原城の施設に関わる個所の被災状況です。現存の資料が被災した個所をすべて記述しているとすれば、1万人近くの死者数を記録している災害の中にあって、比較的軽微な被災状況ではないでしょうか。
 城内の侍屋敷でも68カ所で塀が潰れているものの、母屋の被害は記録されていません。
 また、古絵図には城内および鉄砲町にかかった、3カ所の地割れが記されているものもあります。
 城郭がこれだけの災害に耐えうる強固なものであったためか、城内は避難先に設定されていました。
 3月1日の大地震の直後、普賢岳の噴火に備え、溶岩流の到達地点に応じた段階別の警戒避難指令が、島原藩から出されました。指令の中で、溶岩流が鉄砲町に到達するような時は、そこに住む者は城内の空き家に移るようにと指示されています。
 4月1日に城下が高波に見舞われるものの、噴火についての想定は現実のものとはなりませんでした。しかし、強固な城郭でありながら、藩主が守山村(現在の雲仙市吾妻町)への避難を選択した史実は、同地で藩主自身が死を迎える結果となったこともあって、悔やまれます。
(松平文庫学芸員 吉田 信也)
(『広報しまばら』平成27年5月号「ふるさと再発見」)

 
017+201505「島原大変」と島原城(平成27年5月号)

『島原大変大地図』(松平文庫蔵)に描かれた地割れ



 

 
このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:5650)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.