観光島原市
観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  ふるさと再発見「武家住宅『旧篠塚家(きゅうしのづかてい)』」
観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  島原城築城400年記念事業  >  ふるさと再発見「武家住宅『旧篠塚家(きゅうしのづかてい)』」
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「武家住宅『旧篠塚家(きゅうしのづかてい)』」
組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「武家住宅『旧篠塚家(きゅうしのづかてい)』」

ふるさと再発見「武家住宅『旧篠塚家(きゅうしのづかてい)』」

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

武家住宅「旧篠塚家(きゅうしのづかてい)」

 下ノ丁の北端、東に門を開いて建つ「旧篠塚家」。一般に公開されている武家住宅の一つです。篠塚家は、郡方祐筆(こおりかたゆうひつ)(書記 しょき)の家柄と伝えられています。
 19世紀前期の建築と考えられる旧篠塚家の主屋は、棟がT字型の茅葺き(わらぶき)で、ゲンカン・チャノマ・ダイドコロ・オトコザ・ツギノマ・オンナザといった部屋があります。
 柱は杉材を用い、オトコザとオンナザには座敷飾りがありますが、簡素な造りとなっており、やや古めかしく感じられます。
 敷地の東側には庭園があり縁を設けた座敷から眺めることができるようになっています。敷地の西側には、果樹が植えられていました。
 敷地の東側に庭園と座敷を設けることは、旧篠塚家をはじめとする鉄砲町の武家住宅の特徴となっています。これは東側へ傾斜する鉄砲町の立地特性だけではなく、東側には有明海と島原城を望むことができるためでもあったようです。
*表記は参考文献の名称に準じています
○参考文献:「島原市鉄砲町伝統的建造物群保存対策調査報告書」島原市 平成21年3月
(『広報しまばら』平成24年7月号「ふるさと再発見」)
  

【写真】旧篠塚家



 

 
このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:6301)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.