観光島原市
観光TOP  >  観光  >  名物・特産品  >  島原の美味しいもの  >  ろくべえ
観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ろくべえ
分類から探す  >  観光情報  >  ろくべえ

ろくべえ

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

ろくべえ

甘みのある麺が魅力。素朴な味わい。

ろくべえ
かつて島原一帯が大飢饉に見舞われた際に、名主の六兵衛という人が考え出した、とされる耐乏食です。 今から約220年前(1792年)島原市の背後にある眉山が崩落し、有明海には津波が巻き起こり、沿岸一体に大被害を与えたのが「島原大変」です。
その後、島原半島は食糧危機に見舞われ、サツマイモを主食とするようになりました。
その当時、深江村農家の六兵衛という人がサツマイモを粉末にして山芋を入れ、熱湯でこねて、うどん状にしたものを作ったのが「六兵衛」の始まりと言われています。
暖かい気候の島原では早くから甘藷づくりが盛んでした。
それで凶作も乗り越えることができたそうです。原料のサツマイモの粉に、つなぎに粘性のあるヤマイモを使用しています。見た目は太麺のソバのようですが、甘味があるのが特徴です。
ダシはすまし汁で、ネギや七味唐辛子をかけると美味しさが増します。 耐乏食だった過去もありますが、現代風にアレンジされ、素朴な味わいの郷土料理として愛されています。
 

提供店舗一覧

中屋島原市城内1丁目11860957-62-3675
島原城島原市城内1丁目1183-10957-63-4874
ケルンの森島原市平成町1-1 0957-63-5775
(災害記念館内)雲仙岳災害記念館2F
六兵衛島原市萩原1丁目59160957-62-2421
力寿司島原市下川尻町79220957-64-1116
幸楽島原市栄町8640-10957-63-2200
 
 

※本記事は、島原観光情報発信サイト「島原旅たより」(平成25~27年)の内容を基に作成しました。


 





このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:954)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.