島原市
ホーム  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「『探索書』に遺された、築城間もない島原城の姿」
ホーム  >  観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  ふるさと再発見「『探索書』に遺された、築城間もない島原城の姿」
ホーム  >  観光TOP  >  観光  >  観光イベント情報  >  島原城築城400年記念事業  >  ふるさと再発見「『探索書』に遺された、築城間もない島原城の姿」
ホーム  >  観光TOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  ふるさと再発見「『探索書』に遺された、築城間もない島原城の姿」

ふるさと再発見「『探索書』に遺された、築城間もない島原城の姿」

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp
 

『探索書』に遺された、築城間もない島原城の姿

 今回は島原城にまつわる2つの資料を紹介します。
 いずれも、外部の何者かが内密に調査をさせ、記録・報告させた、いわゆる『探索書』と呼ばれるもので、九州各地の城の様子がつぶさに記されています。その中には、島原城も含まれており、内容が寛永年間(島原の乱以前)と推定されることから、築城間もない島原城の様子という大変貴重な情報を、これらの資料はもたらしてくれています。
 『隣国様子聞合帳(りんごくようすききあわせちょう)(神戸大学蔵)』は豊後・岡藩(大分県竹田市など)の藩主である中川家に伝来した資料です。本丸と二の丸の間に高々と石垣が見えることや、二の丸にある殿様の百疋馬屋(ひゃっぴきうまや)に繋げられた馬の様子などが簡潔に記されています。
 もう一つの資料『筑前筑後肥前肥後探索書』の原本は、忍者の里としても知られる甲賀・水口(滋賀県甲賀市)にあったもので、現在は写本が長崎歴史文化博物館に伝わっています。
 注目すべきは、簡略ながら絵図が描かれていることです。外曲輪にはすでにいくつもの櫓が築かれていることや、「見付けの丸」の存在、三の丸屋敷があったところには「侍町」と表記されるなど、さまざまな情報が図示されています。また本文の記述も石垣の高さや堀の幅を間数で記すなど具体的に記されています。
 いずれの資料も翻刻さていますので、ぜひご覧ください。
(松平文庫学芸員 吉田 信也(よしだ しんや))
(『広報しまばら』平成26年5月号「ふるさと再発見」)
 
 
011+201405『探索書』に遺された、築城間もない島原城の姿(平成26年5月号)

筑前筑後肥前肥後探究書(『九州史料叢書』16)より


 

 
このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:5644)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.