島原市
ホーム  >  分類から探す  >  募集しています  >  ふるさと寄付金  >  ワンストップ特例申請
ホーム  >  組織から探す  >  市長公室  >  政策企画課  >  ふるさと納税担当  >  ワンストップ特例申請

ワンストップ特例申請

市長公室 政策企画課 ふるさと納税担当 TEL:0957-63-1111 FAX:0957-62-8007 メールfurusato@city.shimabara.lg.jp
 

「ワンストップ特例制度」とは?

 ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みです。

 ふるさと納税先の自治体が、1年間で5自治体までであれば、この制度を活用できます。

 ※6回以上ふるさと納税を行っても、5自治体以内であればワンストップ特例制度をご活用いただけます。

 

 以下の場合、控除を受けるには確定申告が必要です。
  ・5団体超へのふるさと納税を行う場合
  ・ふるさと納税以外の理由で確定申告を行う場合

 

 

【ワンストップ特例申請の流れ】

 

 確定申告が不要な場合の寄附の流れ(ワンストップ特例)

【確定申告の流れ】

確定申告が必要な場合

「ワンストップ特例制度」を利用する

 「特例申請書」は、各ポータルサイト及び申込書において「希望する」にチェックされたかたのみに寄附金受領証明書とともにお送りしています。

 特例制度を利用される方は、ふるさと納税をされた翌年1月10日までに島原市役所へ「特例申請書」及び「必要な添付書類」を提出してください。

 

 なお、ふるさと納税申し込み後に、ワンストップ特例制度が必要になった方は、「特例申請書」及び「必要な添付書類」を島原市役所へご提出ください。

 ※押印が必要となりますので、郵送もしく島原市役所へ直接ご提出ください。(FAX及び電子メールは不可)

 ※郵送で提出される場合は、郵送料金は申込者のご負担となりますのでご了承ください。

 

【様式の元号「令和」】

 

【様式の元号「平成」】

 

 

 

変更手続き

 特例申請書の提出後に、住所・氏名などの変更があった場合、寄附をした翌年の1月10日までに「変更申請書」を提出してください。

 

 

【様式の元号「平成」】

 

【様式の元号「令和」】

 

 

提出先

 住 所  〒855-0866 長崎県島原市南下川尻町7-4 雲仙復興事務所2F
 宛 名  島原市政策企画課ふるさと納税担当

このページに関する
お問い合わせは
市長公室 政策企画課 ふるさと納税担当
〒855-0866
島原市南下川尻町7番地4(仮事務所:雲仙復興事務所2階)
電話:0957-63-1111
ファックス:0957-62-8007
メール furusato@city.shimabara.lg.jp 
(ID:6170)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.