島原市
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  産業・労働  >  農林水産業  >  島原市「人・農地プランの実質化に向けた工程表」の修正 について
ホーム  >  組織から探す  >  農林水産部  >  農林課  >  農業企画班  >  島原市「人・農地プランの実質化に向けた工程表」の修正 について

島原市「人・農地プランの実質化に向けた工程表」の修正 について

農林水産部 農林課 農業企画班 TEL:0957-68-1111(内線561,562) FAX:0957-68-2119 メールnorin@city.shimabara.lg.jp

人・農地プランの実質化に向けた工程表の修正について

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、本年度に予定しておりました集落別での座談会や、検討会の開催が困難な状況が続いており、

長崎県におきましても県下全域に特別警戒警報が発令され、今後の開催目途がつかないなど「やむを得ない事情」から、島原市の人・農地

プランの実質化に向けた工程表を下記のとおり修正いたしました。

  

  島原市 人・農地プランの実質化に向けた工程表(修正版)(PDF:79.7キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

人・農地プランについて

 先代の方々が土地を開墾し、農地を守り、地域の農業を発展させてきました。
 この大事な農地が今、農業従事者の高齢化、後継者や担い手の不足、耕作放棄地の増加など様々な問題に直面しています。

 農地を守り、活かし、耕し続けるために、

  ・後継者のいない農地を誰に担ってもらうか、

  ・新規就農者の確保をどうするか、

  ・耕作放棄地をどう解消するか、を考えていかなければなりません。

 現状の課題や将来を見据え、人と農地の問題を一体的に解決するための地域の将来設計図が『人・農地プラン』です。

 

 

 

 

  

人・農地プランの実質化 作成手順

 (1) 地域の声を聞く(後継者の有無などのアンケート実施)

 (2) アンケート結果を基に地図を作成

 (3) 農業従事者、農業委員、農地利用最適化推進委員、行政(県職員・市職員)など関係者で、地図を使用しながら、5~10年後、地域の農地を

        誰が担っていくのか、誰に農地を集積・集約していくのかなどを話し合い、「人・農地プラン」の原案を作成します(座談会の開催)。

 (4) 農業関係機関や農業者の代表などで構成する検討会で審査し、適当と判断されれば、「人・農地プラン」として決定します。

 

 実質化に関する詳しい内容は、農林水産省ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。


 

(ID:6208)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.