島原市
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  環境・ごみ・墓地・犬  >  食中毒に注意してください
ホーム  >  分類から探す  >  くらしの情報  >  環境・ごみ・墓地・犬  >  衛生、消毒、蜂  >  食中毒に注意してください
ホーム  >  人生のできごとから探す  >  病気・事故  >  食中毒に注意してください
ホーム  >  組織から探す  >  市民部  >  環境課  >  環境班  >  食中毒に注意してください

食中毒に注意してください

市民部 環境課 環境班 TEL:0957-63-1111(内線192,194) FAX:0957-63-1172 メールkankyo@city.shimabara.lg.jp


 食中毒は季節を問わず年間を通して発生しますが、気温や湿度の高い夏は特に食中毒の発生しやすい季節です。特に子ども、お年寄り、抵抗力の弱い方は注意が必要です。

 毎日のちょっとした心がけで食中毒は予防できます。次の食中毒予防の3原則を守って食中毒を防ぎましょう。


食中毒予防の3原則!

 ◆食中毒菌を

  (1) 『つけない』

    食材や手はもちろん、肉や魚を扱ったまな板や包丁もこまめに洗いましょう。

  (2)『増やさない』

    調理したらすぐに食べ、保存する場合は素早く冷まして冷蔵庫へ入れましょう。

  (3)『やっつける』

   食材(特に肉)は中心部まで十分に加熱をしましょう。

 

肉の取り扱いに気をつけてください。

◆生肉には、腸管出血性大腸菌、サルモネラ菌、カンピロバクターなどの食中毒菌がついています。牛肉、豚肉、鶏肉とも「鮮度が良いから生で食べられる」は嘘です。
~肉・レバーなどは生で食べないでください~
◆お肉による食中毒を予防するには(1)~(4)を守りましょう。
 (1)食肉を十分に加熱する。生焼けや加熱不足がないか、しっかり色味を確認してください。
 (2)食肉に触れた包丁・まな板・皿・箸・トングなどの器具には、食中毒菌がついています!
    他の食品を扱う際は、器具を分けてください。
 (3)調理器具等は、使った後にしっかり洗浄し、次亜塩素酸ナトリウムや熱湯で殺菌をしてください。
   (4)食肉に触れた手にも食中毒菌がいます!十分に手を洗ってください。

このページに関する
お問い合わせは
市民部 環境課 環境班
電話:0957-63-1111(内線192,194)
ファックス:0957-63-1172
メール kankyo@city.shimabara.lg.jp 
(ID:6799)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
【島原市役所】
 〒855-8555   長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
 開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 組織から探す リンク集 サイトマップ

Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.