歴史島原市
歴史TOP  >  歴史  >  近代・現代  >  平成新山
歴史TOP  >  歴史  >  近代・現代  >  平成新山  >  平成新山
分類から探す  >  くらしの情報  >  消防・防災  >  雲仙・普賢岳噴火災害  >  平成新山
ジオパークTOP  >  ジオパーク  >  雲仙普賢岳噴火災害  >  平成新山  >  平成新山

平成新山

命名「平成新山」

平成新山

 平成3年5月20日初めての溶岩ドームが出現して以来、実に13の溶岩ドームが誕生しました。ドームは成長とともに幾度かの崩落を繰り返し、その崩落の際に引き起こされたのが火砕流で、尊い人命がたくさん奪われました。しかし現在、噴火活動はようやく収まり溶岩ドームも雄大な景観を持つ雲仙岳の一部となりました。
 島原市は小浜町(現雲仙市)とともに、最初の溶岩ドームが出現して5年目を迎えた平成8年の5月20日に、このドーム部分を「平成新山」と名付け、長く続いた災害と新たな復興の記念としました。

 

変わる標高

 平成新山の標高は、平成7年6月の1488メートルをピークに、現在はやや縮小して1482.7メートル(国土地理院火山基本図より)です。それでも普賢岳の1359メートルを抜いて雲仙岳の最高峰です。
平成新山は、火口から吹き出した溶岩が冷えて固まったもので、その容積は約1億立方メートル、実に東京ドーム84杯分の熱い岩の固まりが出現したことになります。噴火活動は終息しましたが、平成新山の内部はいまだに高温を保っています。

(ID:2240)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.