ジオパーク島原市
ジオパークTOP  >  ジオパーク  >  自然・風土  >  島原半島の形成  >  島原半島の形成 地質×火山

島原半島の形成 地質×火山

 

タイトル

今から約46億年前、地球は誕生した。古生代、中生代と様々な変化を遂げながら進化し続けた。

新生代新第三紀(約1500万年前)、大陸続きになっていた日本列島は日本海の誕生とともに列島化した。そして約430万年前、早崎半島付近で玄武岩火山活動が始まった。

これが島原半島のはじまりである。約400万年前になると口之津層群が堆積、約50万年前からは雲仙火山が噴火を始め、島原半島を形成していった。ここでは、長い歴史の一端に実際に触れることのできる地を紹介します。 

 
         年表
 

年表

 


 

 

w970向小屋・早崎半島・国崎半島説明

 

 

火山活動 雲仙火山の成り立ち

w970 01古期雲仙火山

 


 

w970 02中期雲仙火山

 


w970 03新期雲仙火山


(ID:2664)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.