ジオパーク島原市
ジオパークTOP  >  ジオパーク  >  自然・風土  >  湧水  >  鯉の泳ぐまち
ジオパークTOP  >  組織から探す  >  産業部  >  しまばら観光おもてなし課  >  観光・ジオパーク班  >  鯉の泳ぐまち

鯉の泳ぐまち

産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班 TEL:0957-63-1111(内線212,214) FAX:0957-62-8006 メールkanko@city.shimabara.lg.jp

鯉の泳ぐまち

 

鯉の泳ぐまち水路 

鯉の泳ぐまち
昭和53年、地域の町内会が中心となり、豊かな湧水(日量1万t)を後世に残そうと考えた。そこで子どもたちの心を育み、観光にも活かそうと、町内を流れる清らかな水路に錦鯉を放流した。以来、町内会や子どもクラブによって定期的に清掃が行われ、水路は美しく保たれている。

またこの地域一帯は特に湧水が豊富で50cmも掘れば湧水が出てくる場所もあるといわれている。

紅白、三色、黄金等、多くの錦鯉が美しい流れに沿って優雅に泳ぐ姿は、水の都島原の見どころの一つとなり、観光客の目を楽しませている。その一方で、病気などで死んでしまった鯉のために、昭和56年から鯉を放流する5月5日(こどもの日)に供養も行なっている。
 
 
 

鯉の泳ぐまち

 

    「鯉の供養」を行った後の「鯉の放流」の様子
    毎年5月5日(こどもの日)に実施



 
 
 

鯉の泳ぐまち 観光交流センター『清流亭』(せいりゅうてい)

清流亭
しまばら観光の新たな拠点として「鯉の泳ぐまち 観光交流センター『清流亭』」が平成27年4月1日にオープンしました。
この施設は、観光情報の発信や市内周遊観光の拠点としての機能を持つほか、しまばらブランドの紹介、市民参加のイベントなどを通した市民と観光客との交流など「しまばらまるごとブランド」の象徴的な役割を担っています。
 
 
開館時間 9時から18時 (駐車場有り)
〒855-0803 長崎県島原市新町二丁目247番地1
電話 0957-64-2450
 


 

 

 


 



 

このページに関する
お問い合わせは
産業部 しまばら観光おもてなし課 観光・ジオパーク班
電話:0957-63-1111(内線212,214)
ファックス:0957-62-8006
メール kanko@city.shimabara.lg.jp 
(ID:2679)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.