歴史島原市
歴史TOP  >  歴史  >  原始・古代  >  小原下遺跡(弥生中期)
歴史TOP  >  組織から探す  >  教育委員会  >  社会教育課  >  小原下遺跡(弥生中期)

小原下遺跡(弥生中期)

教育委員会 社会教育課 TEL:0957-68-1111(内線651,652) FAX:0957-68-5480 メールshakyo@city.shimabara.lg.jp
 

小原下遺跡(弥生中期)

  小原下遺跡では、平成23年に行われた発掘調査で、弥生時代の竪穴住居跡が14軒と畑の可能性がある遺構など、弥生時代中期の集落の一部が発見されました。
 この発掘調査の大きな成果の一つは、弥生時代中期における竪穴住居の構造の変遷が分かったことで、中期の初めは住居の平面構造が長方形・隅丸方形・小型円形であったものが、中期の中頃では楕円形となり、中期後半では大型の円形へと変わっていきます。これは小原下遺跡に限らず、島原半島の弥生時代の竪穴住居とも共通します。

このページに関する
お問い合わせは
教育委員会 社会教育課
電話:0957-68-1111(内線651,652)
ファックス:0957-68-5480
メール shakyo@city.shimabara.lg.jp 
(ID:2675)
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒855-8555  長崎県島原市上の町537番地   TEL:0957-63-1111   FAX:0957-64-5525   E-mail:info@city.shimabara.lg.jp
Copyrights(C) 2015 Shimabara City Allrights reserved.